ザンギ対策

・基本
一歩踏み込んだら大足が届く間合いでガン待ちが基本。(以下基本距離)
対空はヘッド・下大P・踏み込み中P
近づいてきたら弱P・大足・大K。
ターンパは使用禁止、ダッストはめり込まない間合い

ザンギの前歩きにびびって下溜め解除する場面を減らす。
下溜あるバイソンにやれる事は歩きスクリューか垂直Jやぶっぱバニやダブラリしかない。
理解して徹底すればマスターザンギでも1溜めバイソンは崩せない

転ばされてからEXスマッシュで逃げられないの知ってる相手には無駄なので読み合いで頑張る。
EX逃げにEXバニで追いかけてきたらその相手はわかっているということです。
転ばされなきゃなんとかなるというか有利、転んで逃げれないと終了


・牽制
基本距離でのさし返しが基本。

弱P→唯一当てにいっていい牽制。そこから汁コン。中Pに負けたりするので注意。

大足→さし返しとして優秀。かち合うと技によっては負ける。中Kとか中P
大K→大足と比較して、かち合っても比較的勝ちやすい。リーチとダウン取れるかに劣る
※大系の牽制は投げられ判定が前に出るため、単調に振るとスクリューの的。

フェイントも考慮して大系以外の牽制。
屈中K→小足系には勝てる。バニ仕込小足を潰すのに使用。
小足→同上。ダッスト仕込むべからず。
屈中P→たぶん使えないけど。確定挿し返しに大ヘッド込み最大。
あくまで、フェイントで当てる間合いでは振らない。

※注意点
向こうの動きを見ることが重要。
バイソンの牽制は投げられ判定が前に出るため単調な牽制はスクリューに吸われる。
大系の牽制は挿し返しメイン。飛び、EXバニで死ぬ。
後ろ歩きの早さも十分武器になる。相手の牽制をスカすことが重要。

・対空
主に弱ヘッドか踏み込み中P。踏み込めば安定対空になる。
前J大P:かなり超反応気味
屈大P:けっこう潰される、相打ち多。
下がり遠大P:早めに出せばそこそこ落とせる。空中にいる相手に当てること。
反応が遅れた場合は無理せずガードかバクステ
置き気味に使うならバックJ大P
大ヘッドでザンギ頂点付近だと、位置が入れ替わるので画面端逃げに使える。

・起き攻め
基本しなくていいんじゃ
セビ重ね(したらば推奨ネタ)
飛びや投げも適度に

・被起き攻め
弱ヘッドEXヘッドEXスマ、バクステ、J入れっぱ、セビを適当に。

セビ最速バクステ
空J・めくり両対応。EXバニに負ける。

EX逃げ
転ばされてからEXスマッシュで逃げられないの知ってる相手には無駄なので読み合いで頑張る。
EX逃げにEXバニで追いかけてきたらその相手はわかっているということです。

・バックジャンプ
近距離からのバックジャンプ即大Pでダブラリ潰し、バニにあわせて反撃など、使う用途は多い。
やりすぎは画面端を背負って死ぬので注意。
バックジャンプでバニへあわせた場合、大Pから着地ウルコン。
→K始動であれば結構余裕で繋がるので狙って問題なし。

・前ステ
基本ザンギ相手に使う必要はないが、ゲージ為クイック・ダブラリにウルコン仕込前ステからK始動ウルコンでダメージを取れる。
あからさまにゲージ溜めするようであれば狙う価値あり。

・禁止事項
タンパ
めり込むダッスト
グラスマ
遠距離弱ダッスト(手前止まり)

<ザンギ側行動>

・前ステ
間合い、反応を考慮して各種対応。
近ければコパンからコンボ。遠ければ大足。
反応が遅れた時は、無理せずバクステかバックジャンプ

・大K(ザンギ側)
前ステと同じ対応で大体問題ない。
最大狙いで、EXダッパも有りかと。

・マリオキック(持続10フレ)
ヘッド関連
弱ヘッド→潰せたり相打ちになったり
大ヘッド→弱ヘッドにくらべてすかりやすい
※ノーマルヘッド関連は早め出しで勝てると思われ。
EXヘッド→潰せるが若干すかりやすい。ねらうなら遠めの飛びに対して
屈大P→相打ち多
J大P→前にせよ、後ろにせよ反応早。
踏み込み中P→要検証
どちらにせよ、むこうの判定が出る前に潰すことが重要っぽい。

・水平チョップ(中P)
発生・硬直共に優秀。距離次第でフルコンまで頂く。
弱P・大系のあらゆる牽制でも完全に勝てるものはないと思う。

対処
無理せず下がり、間合い外で大足の挿しこみ。
自重してくれたら、弱Pで押し返し。

読みヘッドや戻りに2大K、リターンがデカイのはEXダッバ差し込み
→たぶん難しいし、ぶっぱ気味でしか無理かと。

・ダブラリorクイック
ダブラリ見てEXダッパ→コパコアヘッドは確実に。(基本距離)

ゲージあったらウルコンのK始動。(基本距離)
J大P→基本距離よりちょっと遠いダブラリに有効。
HIT後は大足推奨(ダブラリ振り回しはたいていが遠めの距離からであるため)

開店終了後にダッスト・大P(クイック・ダブラリの見極め重要)
※クイックの終わりタイミングにさして、ダブラリと間違えてもQSで起き攻めにはいかれない。

対空引き付けダブラリ
空Jから初段ガード後ウルコンかヘッド。釣りポイント

・バニ
通常バニ
ガード時はコパ擦りからコンボ。弱ヒット時は相手の癖を見てJからコンボ

EXバニ
ガードしたらセビキャンしようがリバサウルコン確定ぽい。
基本はぶっぱさせてフルコンを狙う釣りポイント

・中段
小足でおk
中段>EXセビ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA