バイソン グラ潰し近強K後の展開

ずいぶん前のしたらばバソスレの転載

グラ潰しに近強K!!

その後

近強Kヒット後はセビ、グラ仕込み2中K、投げ、様子見(バクステ)の4択を迫る。
ヒット確信2大Kは安いから流れの中で起き攻めしたい時位しか使わない。
相手のゲージや状況を考慮してヒヨってる時は投げ、更にグラしそうな時は
セビか2中Kからコンボ、相手がゲージ2本+ウルコンある時は様子見かバクステする。
この4拓のいい所は拓が通ると最低3割、欲望含みで5割+ぴより目前に持って行ける。
拓をちゃんとガードされても5分、もしくは微有利フレのある状態でコパ擦れるから
そっからまた択を繰り返せばマスター相手にしても無傷で抜けられた事はない。

バイソンって立ち回りでは3フレコパ、遠小P、7フレ2大Kを主軸に接近するための
立ち回りから、一度近づいたら攻撃の回転の速さを使って一方的に拓を押し付けて
何かが当たれば3~5割を頂くという俺の思い描く完成系に近付いてきた。
最大のネックとなる起き攻めも各種EX拒否とセビバクステ、バクステを主軸に
徹底拒否して被ダメを最小限に抑えると負ける要素がマジで無い。

ときおり特攻の拓が混じっとる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA