ブランカ対策

・基本
ローリング等、各種必殺技に反確が存在する為、お互い待ちになるカード。
基本的に待ち。攻めていっても大概処理される。
ダッストの溜めを常に作りつつ、間合いを調整する。


・立ち回り(中距離)
バソの屈小Pがギリギリ届かない位置だと、
1)ステップが裏周りにつきぬける
2)相手のセビが届いてステップから攻防
3)飛びこみが裏周りして対空に困る
4)ブラの立ち小Pに色々負ける
とめんどくさい。ゲージ状況で間合いを離すかぶっ放すか考える。

セビ→ブラが触る事目的でセビを貯めたらEXヘッド。突き抜けて裏に回ってしまえばブラは投げ位しか出来ないので、リスクリターンがあまり合わない。

・ステップ
ブラの前ステは25F中空中判定が1~18F。下手に屈小P>DSを入れ込んでしまうとDSがスカって困るので、きっちり屈小Kも入れる。

・対飛び込み
屈大Pで全部落ちる
例外→屈小Pがギリギリ届かない位
まで前進されると屈大Pの裏に回られる。この辺りは立ち中Pで落ちる。

・ローリング
ガードして小ダッスorウルコン
→場所と出し方によるけど、KPPPってやると最初のKがスカって後のPPPが全段HIT。
手前落ちにはコパコパダッスト
→カウンター狙いの弱ロリ>電撃に気をつける。

・バチカ
ガードして小ダッスト
ガードorヒット問わずウルコン
ヒットはリバサPPPP、ガードはリバサKKKK
※バチカは着地が屈状態になる→めんどいから空中で落とす

・バクステローリング
カッ飛んできた→飛んでしまうとめくりかよくわからんので、相手がリバサでない事を確認しセビで我慢しとく
逃げ→バクステの後無敵が切れる&攻撃判定が無い時間が5F程あるので、
読みきってれば立ち大P重ねられる。(仕込み)下大P、振り向きウルコン(相手の調整に依存)。

・サプフォア
ウルコンとバチカに注意
反応できたらコパコパダッス
反応できなかったら遅らせしゃがグラ

・雑巾掛け
ノーマルダッシュ系はまずとめられる。
ガード後は立ちになるので、距離に応じて以下の反撃
屈小P>EXダッパ
大足
端だけ当たった時は反確にならない位置が有るので技を振らない。

・電撃
大足、グラストの先端当て
EXスマッシュ、EXグラストならアーマー勝ち
距離に応じて、屈中K・大足・タンパ・グラストの先端当てで使い分け
 J大Kの出始めだと潰せる(やられ判定が変わる為)
※相打ちはダメ負けするので、自信がなければ放置推奨

・ウルコン
J大K反撃はなんか怪しい。ブラ側しゃがみですかる。

・中段コンボ
中段>屈中P>大ヘッド
中段>小足>大ダッスト

・ネタ
屈中P絡めたコンボは重宝(つじ式要練習)
→屈中P>ヘッドが屈喰らいにHITするため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA