春麗対策

牽制戦は不利。徹底されれば飛びを通すのも厳しい。
荒らしていくスキルが要求されると思われる。

・基本的に
気功を打ちつつ、間合いを調整しバイソン側の行動に対処していく春麗側。
それに対し、バイソン側は画面端に追い詰めていく展開になる。
春麗側のスパコンがたまると終わるので、ゲージを吐かせる行動も積極的に行うべき。(強引な起き攻め等)


・8/15したらば転載
地上差し合いは普通にやるときついんで、コパで勝てる間合いや元キックの間合いを覚えて刺し返すように。

基本は相手の選択ミスに刺し返しでダメを取る。空J対空すかし2大Kや甘えた元キックをセビ前ステ投げとか。相手の意識を散らす意味も込めてかなり無駄なジャンプと前ステを散らしてる。
で、相手がこっちの前Jやダッスに反応しなくなったらタンパ1で削る。(やりすぎは注意w)
タンパ1をガンミし始めたら弱ダッス先端間合でコツコツ削る。後はひたすら我慢しつつまずはダウンを奪う。

ダウンを奪ったらEXスピバを詐欺飛びしつつ飛び込み、コパから投げとグラ潰し。
2中Kの複合グラしてくる奴にはグラ潰しは2中P等で。

中距離でのEXダッシュ系は気孔一点読み以外は封印。見てから投げやウルコン食らうんで、甘えるな。

ハザンが大目の相手にはそれなりにセビを撒く。

画面端に追い込んだら垂直Jにはダッパかヘッド。ガンガードには2大Kと前ステ投げを主軸にグラをセビ1で潰しに行く。
チュンリー的には画面端から脱出するには気孔を盾に押し返し、前J、通常技から押し返しくらい。
甘えてEX気孔を打つタイプなら下溜め継続しつつヘッドかウルコン狙い。前Jタイプなら対空。通常技タイプならEXダッスやグラストをねじ込む。

意外とバイソンがしてない行動では気孔拳に前ステウルコン。
巷のチュンリーは離れたら警戒心無く玉を打つタイプが多いんで積極的に狙うべき。

・メモ
・気功ガード寸前にヘッドぶっぱ
・気功ガード後にヘッドぶっぱ
・ヒヨった相手の気功ガード後にダッストで俺のターン獲得
・気功ガード寸前にダブルアーマーで突っ込む
・気功ガード後にEXで突っ込む
・気功打った後ヒヨって垂直Jとかする相手にヘッド

・ウルコンガード後に垂直Jから最大反撃
→J大P>屈中P>いろいろとか。画面端背負ってたらバックジャンプ大Pからウルコン(K始動)とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA