クロアチア3日目~ザグレブ 雪すげぇ…ヨーロッパの冬

IMG_1657
昼:自然のスケートリンク

IMG_1665
夜:また降りだしてるし…

サラエボ滞在時(1月3日)から雪が降り出していたが、予想以上の量で降っている。
一応、雪国出身なのだが、結構びっくり。
軽く降って、地面がシャバシャバになるレベルではなく、がっつり積もった。

特に降雪初日はやばかった。
除雪もされていないので、めちゃくちゃ歩きづらい。

次の日にはしっかり除雪されていた。
さすがに雪に慣れているのか行動が早い。
トラム(路面電車)は普通にその日でも動いていたし。

東京や名古屋で雪が降った時とは大違いだ。
(交通機関麻痺、交通事故多発の阿鼻叫喚)

冬の寒さと雪についてボスニア人と話をしたのだが、
基本的にはヨーロッパのどこでも寒いし、雪は降る。

雪が振らないのは、スペイン南部、ポルトガル、イタリア南部、ギリシャくらい
との意見で一致した。
(地方にもよる。トルコをヨーロッパにいれるかは微妙な問題)

よくこんな地方で長い歴史が育まれたなぁと不思議に思う。
なんで、こんなとこに住み着いたのか…
暖かいところに住めばいいのに。当時は暖房もなかろうて。

土地、気候、性格は深い結び付きがある。
東南アジアは温かい気候の性格がどうなるかよく教えてくれた。

この寒さが、ヨーロピアンの性格にどう影響しているのか興味が尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA