ブルガリア~ソフィア観光、治安、町並み、女性について

ぶっちゃけ、そんな観光してない…
ので、適当に写真で町並みとか治安とかについて写真と一緒に紹介していきます。

・地図
IMG_1564

ホステル モステルでもらった地図。パーフェクトすぎる。
これで市内はほぼ完璧に網羅できる。

・市場
IMG_1553

街の北西部にあります。
衣料品、食材、果物となんでも売ってし、安い。
個人的にヨーロッパの八百屋とか肉屋とか魚屋とかわかれているのが好き。
あと、ピスタチオとかの穀物?類も量り売りで買えるのがいい。
住んで、自炊して生活するだけで楽しそうだ。

・教会
IMG_1561

オーソドックススタイル教会。
ソフィアには3つの有名な教会がある。
2つはブルガリア正教の教会。そしてデカイ。これもその1つ。
これは街の中心部にある。
もう1つは東部に。
1つはロシア正教の教会。小さい。
これも街の東側。
違いはわかんないけど、キリル文字が読めたら聖人を当てたりして、
もっと楽しめると思うんだけど。

・モスク
IMG_1560
他バルカン諸国と同様にオスマン帝国下であったためか、モスクはある。
ヒジャブ被ってたり、ムスリムっぽい人は全然見なかったけど。
モスクの特徴は細長い塔と丸い屋根。
キリスト教の教会と全然違うからと力説を受けたことがあるが、
どうしても似てると思っちゃう。
日本の神社や寺と比較すると、そりゃー似てる。

・バスターミナル
IMG_1558

でかい!中はWifiもフリーだし、トイレも有料。
アルバニア、マケドニアと来ているから、建物のレベルが上がっていくのがよくわかる。
市街地の北部にあるから、ホステルによっては少し歩く。

バスターミナルについては、下記記事でもう少し書いてます。

How to ソフィア~ニシュ バス移動
・前の移動は、こちらの記事で ソフィアにはたくさんのバス会社があり、ニシュに行くバス便がある会社探しから 苦労した。 ・バスターミナル でっかい

・トヨタ
IMG_1556

街の南部で発見。ロゴでかいなぁ。
バルカン半島ではあまり日本企業を見ないけど、トヨタと富士カメラはたまに見る。

・日本食
行かなかったけど、寿司屋が2軒ある。
たぶん寿司専門ではないかと。
1つは街の東部、ロシア正教会の近く。
1つは街の外れ、南西の方。

・治安について
セルビアやマケドニア、アルバニアと違って、政治的な問題をあまり抱えてないこの国はEU加盟も早かった。
※セルビア、マケドニア、アルバニアはまだ。
町中でムスリムも見ないし、歴史的に治安が悪かった時代が
あるという話も聞かなかった。
※例えば、マケドニアはマケドニアに住むアルバニア人と衝突があったときは、旧市街地は夜に行くとができなかったらしい。治安が悪くて。
もちろん、最低限の警戒は必要だが、基本は平和そうな印象だった。

・女性
あまり人と話せなかったので、性格はぜんぜんわからない。
マケドニア人に聞いた意見だと、ズルする人がいるから、
おつりとかタクシーには気をつけろとアドバイスされたけど。
でも、そんな目には合わず、みんな親切だっだ。

女性に関しては…美人が多い。
アルバニア、マケドニアでもそう感じたけど、さらに多い気がした。
Tinder使っていても、美人が多すぎてスーパーライクが全然足りない。

ブルガリア~ソフィアにてストリップ!ストリップ!!

ソフィアについて調べていると、大体の人が気づくと思う。
ストリップとカジノの情報が多い…
人によってはヨーグルトより有名とか言い出す始末。
※カジノはタダ飯やタダ煙草がゲットできるとからしいけど。

確かに、町中でポスターやそれっぽい店をよく見る。

ソフィアではドタキャンされたり、都合が合わなかったりと人と会えなかったし、
これは、ストリップくらい行かないと思い出ゼロになってしまう!
(ストリップが思い出というのも失礼だが…)

・ドタキャンされた話…(´・ω・`)

ブルガリア3日目~ソフィア デートドタキャン
昨日は昼間で寝てしまった… それでも、大丈夫。今日はデートの約束があるから。 ※ブルガリア人女性で検索した画像 全然、こんなんじゃないけどね。 もっと、ギャルっ

というわけで、調査して行ってみることに。


調べると、これでもかと出てくる出てくる。いいのか…
とりあえず、有名なのはカーマ・スートラ(KAMA SUTRA)
(カジノはシェラトンホテルがおすすめだと。)
他にも、あるけど、値段がよくわからないのと、ガールズドリンクで大金がかかるとかで、あまりいい情報が見つからない。

むむむ…ほかの店に行くのは、かなり挑戦要素があるな。
面白さや、最後までするのを期待するのであれば、挑戦するべきかもしれんが。
1人だし…最後までする気はないので、無難に行くかと。
カーマ・スートラに行くことに。

日本語で検索していると、記事は意外とたくさん出てくるが…
なんでみんな場所載せてないんだよ(#^ω^)ビキビキ

しゃあないので、英語で調べたら、すぐ見つかった。
IMG_1555IMG_1554

ここだよ(#^ω^)ビキビキ


出陣!(12時回ってる…開店は10時だそうです)
※ソフィアの街ですが、別に治安悪くはなさそうです。

さて、店に入ってみると、お兄ちゃんが1人。
話しかけると、地下に行けと言われる。
行ってみると…キャバクラに近い造り。それ+ポールがあるステージがある。

とりあえず、店員ぽい人に案内されてソファに座る。
入場料は5レフ(約330円)
ビールは7.7レフ(約510円)

ビールが調査結果より、少し高い気がするが気にせず。
ドリンクはメニューがあるので、そこから選べます。
結構いろいろあるけど、なにキリル文字なので…
無難に一番安いビールを。

周りを見るといろんな客層がいる。(アジア人はいなかったけど)
男数人で飲みに来てる、おそらく一番多い感じの客。
男数人に女子が混じってる、なんで?って客。
スーツをきた男達。
観光客っぽい夫婦。この後、お楽しみですかね。

1人は僕だけでした(´;ω;`)

ステージは3つあり(1つは使われてなかった。)
下着トップレス女の子がローテーションで踊っている。
女の子のレベルは結構高く、ブロンド、ブルネット、巨乳と素晴らしい。
しかし、彼女らモチベはあまり高くないな。
たまにアクロバティックなプレイを披露してくれるが、基本は気だるそうにしてる。
それもそうだ、10人くらいしかいなく、2人が常にステージにいる。
曲に合わせてローテーションしていくから、結構な頻度でステージにいることになる。
そりゃー気だるくもなるって。

ステージで踊り終えた女の子たちは、客の席に行き、
少し話をして、スペシャルダンスどう?と営業する。

※スペシャルダンス
少し離れたソファに行き、女の子が跨ってくれ、グラインドしてくれる。
お触り厳禁!見るだけ!20レフ也!

このとき、彼女ら、

「Do you want dance?」

と言ってくるので、最初はあなたも踊るって意味と勘違いした。
踊らんわ!!

と思ったが、これ、”To”がない、”Wanna”ではないのがポイント。
つまり、訳すと

「ダンスほしいぃ?」

エロい…(;´Д`)


しかし、もうレフはそんなにない。
そう思っていると、女の子が1人話しかけてきた。
ブロンドで顔は可愛い。貧乳やけど…

10ユーロでもいい?と聞くとオッケーとのこと。
じゃあ、行こうと促されたが、待て!!せっかくなら巨乳と、
後でねと断った。
Why?と言われたが、そこはゆっくりしたいからと流す。
ここで巨乳がいいって正直に言うのもおもしろかったかなぁ…

しかし、いい感じの巨乳が席にやってこない。
やっぱり東洋人人気ないのかなと悲しくなる。
まぁ、当たり前だ。日本で外国人がストリップに行っても同じだろう(イケメン除く)
呼べばいいのだけど、そこはヘタレが発動して…

結局、同じ子がしばらくしたら、また来たのでお願いした。

少し離れたソファに座ると、上に跨ってきてグラインド。
息がかかって興奮する。顔、乳、股を凝視し、楽しい時間ですた(;´Д`)
太ももくらいなら触っても怒られなかったよ(・∀・)

しかし、微妙に腰を浮かして接触しないようにするのが、なんとも…
帰ってから思い出して抜こう。

時間は覚えてないけど、少し長いと感じたくらいなので、満足。
もっと話をしてみたかったけど、言葉が出てこないよ…

終わって、お金を渡したら、さくっと元の席に戻りました。
で、しばらく飲んで女の子眺めて帰ることに。

そうだ!次は、女の子呼んだ時に、
始めて来たから、システムを教えてと聞いて、それっぽい雰囲気に持っていけばどうか!
と思いながら帰りました。
※次は行きませんでした。


最後に、帰り道タクシーの運転手に話しかけられた。
ちょっと遠かったから、何言ってるかよくわからなかったけど、

「シックスガール!」

と言ってた。もしかしたらセッ◯スガールかもしれん。
スルーしたけど、チャンスがあったのかもしれん。

なんにしても、やはり白人最高過ぎると再確認した、そんな夜だった…

 

 

おいおい、日本はもうクリスマスイブじゃないか。なんて記事を書いてんだ…

How to ソフィア~ニシュ バス移動

・前の移動は、こちらの記事で

How to スコピエ~ソフィア バス移動
・前の移動は、こちらの記事で スコピエ~ソフィアの移動ですが、特に難所もなく… 強いていうなら、早朝と夕方しかバスがないため、日が暮れるのが早いこの季節は厳しい


ソフィアにはたくさんのバス会社があり、ニシュに行くバス便がある会社探しから
苦労した。

・バスターミナル
IMG_1558IMG_1557

でっかい建物だし、フリーWifiあるし、トイレ有料だし、立派になってきたなぁ。
ってニシュ行きをインフォメーションで聞くと、隣の建物に行けと言われた。

・隣のバスターミナル
IMG_1559

おぉ、一気にしょぼくなった。インフォメーションもないし。
トイレはあるけど、有料だし。

適当に聞くと、マップゥ(MATPU)に行けと言われる。
当然スペルはわからない+キリル文字だ。見つけられずに、ぶらぶらしてたら、
おばちゃんにどこ行きたいのと話しかけられた。

ニシュに行きたいと言うと、ついてこい!と言われた。
もう、ヨーロッパににいると店員なのか、そのへんの案内系乞食かわからないので、
毎回不安になってしまう…
※ちゃんと店員でした。

店に入るとおばちゃん。なんかコピーを見せてきて。
ほらほら!と。
地球の歩き方のコピーでした。
地球の歩き方で紹介されていることを見せたかったようだ。
ヨーロピアンツアーズって会社でした。

こうやって、地球の歩き方もいろいろ広報してるに役立ってるね。

しかし、ニシュ行きのバスだがAM9時しかないと。
ネット情報ではPM4時もあったと思うんだけど。
てなわけで、明日来るね。って言って店を後にする。
このとき、店の名刺と店番号を教えられた。

ピコーン
John the Baptist - 電球
文字は読めないけど、店番号で聞けば見つけられる!

早速適当な店に入って、マップゥの店番号を教えてくれというと。
で辿りつけた。便もちゃんと2本あるし。時刻表を渡された。
IMG_1562

値段は右上の24レフ(ざっくり12ユーロ)
時間は7:30と16:00。これとさっきの店の9:00を合わせて3択か。
当然16:00で。

さて移動手段も判明したし、後は出発を待つばかり。
※前日調査


さて、当日向かってチケットを買うのだが、ここで一つ気付いた。
カウンターの横にWifiとパスワードが書いてある。
なるほど、フリーに使っていいということか、これでバスまでの時間つぶしができる。

というわけで、残ったレフでコーラとお菓子を買い、時間までネットを楽しむことに。
(これがまずかった…)

バスも15分前程度にきて、荷物をバスの荷物載せに載せようとすると。
1レフと言われる…
まじか…噂には聞いていたが、今までなかったから完全に油断していた。
お菓子買ってレフの在庫は切れてるよ。
50セントユーロでもいいよというけど、それもない。

しゃあないので、5ユーロ出して、お釣りある?って聞いたら。
だめって言われたので。
とにかくレフもユーロもない!って、頑張って(重要)感を出して説明したら、
後でいいと言ってくれた。
結局、その後ってのは来なかったけど。

バスの移動は

  • ソフィアから国境まで:1時間と少し
  • イミグレにて:1時間半以上
  • 国境からニシュまで:1時間少し

とにかく、イミグレが混んでいて、かなりの待ち時間があった。
バスレーンが混んでいたが、シンガポール-マレーシア間ほどじゃない。手際が悪い…
しかし、半分くらいの人がイミグレの前で降りていく…
目的地がセルビアの国境側の街なのだろうか。
確かにこの渋滞だと、歩いたほうが早いかもしれないけど。
バスに残ってるメンバーが少なくなっていき不安になるわ…

ニシぇでは知り合いが迎えに来てくれることになっていたので、
時間通りにつけないだろうし、待たせちゃうな…
これは合流できないかもと心配になっていた。
Wifiもないので、連絡できないし。

しょうがないかーごめんねーと思っていたら、少し到着予定時間をオーバーしたが、
ほぼ時間通りついたし(;´Д`)
到着予定はPM7:00。4時間の道程だが、1時間時差があります。

イミグレの渋滞を考慮しての到着時間か…
しかしイミグレの待ち時間など計算できるのかよ、時間帯でも変わるだろうし。

・ニシュバスターミナル
IMG_1565
電車とはバスが違うので、注意。
自分は地図で、適当にこの辺だろと電車の駅をバスターミナルだと勘違いし、
ホテルの場所取りをしくった。

無事、友人とも合流でき、車で送ってもらったから問題なかったけど。

バスターミナル前には、両替所、セルビアのハンバーガーなど、いろいろあります。


・次の移動は、こちらの記事で

How to ニシュ~ベオグラード バス移動
・前の移動は、こちらの記事で 今回は国境越えもないので、ただバスに乗るだけです。 ・ニシュバスターミナル 至って、普通のバスターミナルです。 ニ

How to スコピエ~ソフィア バス移動

・前の移動は、こちらの記事で

How to オフリド~スコピエ バス移動
・前の移動は、こちらの記事で オフリド~スコピエの移動ですが、一番の難所はバスターミナル探しでした。 ちゃんとネットで調べていけばいいものを、 「どう


スコピエ~ソフィアの移動ですが、特に難所もなく…
強いていうなら、早朝と夕方しかバスがないため、日が暮れるのが早いこの季節は厳しい。

・時刻表
7:00
8:30
15:00
17:30
00:00

価格:1040ディナール(カード可)

時間:4時間30分程度…バス4時間、イミグレで30分。

なんで昼間にないんだ…
15:00発でもとっくに余裕で日が暮れる時間だろうが。
※このとき、スコピエでの日暮れは4:20くらい。
(朝から行けばいいだろってのはなしで)
まぁ、普通の人は仕事しているから、仕事している時間を外しているかもしれない。

朝は起きれないので、15:00を予約。到着は19:30か…結構遅い。
荷物もあるし、寒いし、本当は日が出てる内に着きたかったんだけど…
あと、ホステルのチェックイン時間も確認しないと…

ソフィアで泊まったホステルは最高のホステルでした。
当然、レイトチェックインも問題なし。

ホステル 選ぶ基準 ~ホステル モステルが最高だった~
バックパッカーをしてれば、ほとんどの場合ホステル暮らしになる。 いろんなホステルがあり、長期滞在してしまうこともあれば、いろいろと耐えれないこともある。 今回、ブルガリアに


にて、翌日バス停に。バスは1番乗り場。
※チケット等、すべてキリル文字で書かれているため、いちいち聞かないとわからない。

バスは時間通り出発。そして、あっというまに日が沈む。
大体2時間程度で、国境に到着。途中1回休憩有り。

イミグレ
IMG_1544

これは、バスの中から撮りました。
マケドニア、ブルガリアの国境ともに全くバスから降りる必要なし。
パスポート渡して待ち。質問も今回はなかった。
アルバニアではなかったけど、マケドニアは出国スタンプも押されていた。
ブルガリア入国スタンプも無事押されている。
大体30分程度の待ちでした。

ブルガリア入国後、すぐ休憩。
その後、また2時間程度ソフィア到着。

途中、山道のいろは坂みたいなのもあったけど、暗くて何にもわかんない。
何にもなく到着しました。
わけでもなく、予想外が一つ…時差が1時間ある。
19:30到着だと思ったのが、20:30到着。
別に対して変わらないんだけど、どうして損した気分になるのか…
次にセルビア行くときは、時間が戻って得した気分になるからプラマイゼロなわけだけど。

IMG_1545

IMG_1546

暗いわ…


・次の移動は、こちらの記事で

How to ソフィア~ニシュ バス移動
・前の移動は、こちらの記事で ソフィアにはたくさんのバス会社があり、ニシュに行くバス便がある会社探しから 苦労した。 ・バスターミナル でっかい

ホステル 選ぶ基準 ~ホステル モステルが最高だった~

バックパッカーをしてれば、ほとんどの場合ホステル暮らしになる。
いろんなホステルがあり、長期滞在してしまうこともあれば、いろいろと耐えれないこともある。

今回、ブルガリアにて滞在したホステル モステルがまさに理想のホステルだったので、その紹介をしつつ、自分のホステル重要ポイントを解説したいと思う。


場所
市内、観光地へのアクセスのよさ、バスターミナルへのアクセスのよさが重要。
空港は遠くても、もうどうしようもないけど…
特に治安が悪い街で、夜に到着し、ホステルが遠いと最悪。
治安が悪い街(ナポリやマニラ)なら昼到着にすべき。
ホステル モステルはバスターミナルからは遠かったけど、市街地は近いので観光に適していた。


・シャワールーム、トイレ
ホステルの客数に対して、浴室とトイレが少ないとひどい混雑が起きる。
フィレンツェで泊まったホステルにて毎朝、トイレを1時間待ちの状況になったことがある。
あと、排水が悪いとか、シャワーの水圧が悪いとか、お湯が出ないとかもよくある。
ホステル モステルは各部屋に共有のシャワールーム、共有エリアにトイレは4つと別のシャワールームが1つある。まず混雑などしない。


・スタッフ
親切である以前に、結構高圧的なケースもある。
昼の時間は出て行けとかいろいろ。
個人的にはあんまり気にしてないポイントだけど、
(よっぽど大丈夫だし、関わらなければそれでいいと思っているので)
ただ、悪かったときは最悪な滞在になってしまうので、リスクを考慮して最初っからたくさん予約しておくとひどい目にあったりする。
ホステル モステルは英語もしっかりしており、相談したとき(部屋の移動、観光の質問)
の対応が親切かつ迅速。


・価格
そりゃー安ければ嬉しいけど、国やシーズンにもよるので、こればっかりはどうしようもない。
いくら安くても、評価が低ければ、口コミのチェックはしておくべき。
ホステル モステルは10ユーロ。まぁ、ブルガリアだし、最安ではないけど。
十分リーズナブル。


・ベッド、コンセントの数
2段ベッドがよくあるが、間隔が狭いベッドはかなり居心地が悪い。
また、部屋にコンセントが少ないと充電できないことにもなる…
生命線スマホが使えないと旅への影響がデカすぎる。
これも口コミをチェックするしかないわけだが…
ホステル モステルは十分に広い間隔の上、各ベッドにコンセント2つ、ライト、小さいセキュリティボックスが付いている。
※セキュリティボックスはこれとは別に大きいのが、各人1つづつ割り当てられる。


・WiFi
最近のホステルではないってとこは珍しいが、回線速度とエリアは差がでる。
本当にどこでも繋がるところもあれば、個室は繋がらないとか。
共有エリアを広くとり、みんなを共有エリアに集める目的であえて個室では繋がらないようにしているホステルもある。
そういうとこは共有エリアがかなり充実しているけど、個室でのんびりしたい人は困りものだろう…
ホステル モステルはちゃんと個室でも繋がり、共有エリアも充実している。
トイレだけ繋がらなかったな…


・客層
安い宿は悪い客も集まる。
ヨーロッパでよくあるケースはジプシーが泊まっているケース。
臭いもするし、ものを盗られるリスクを考慮して警戒心も挙げなければならない。
お金くれとか、タバコくれとかもうざいし。
現在のヨーロッパでは移民のケースもある。
基本的にヨーロッパのホステルはパスポートを持っていない客を泊めてはいけないことになっている。が、そのリスクを承知で、高額をふっかけて泊めているホステルもある。
やはり、盗難のリスクや臭いの問題がある。
ホステル モステルには当然、そんな客はいない。


・食事付き
これは、可もあり不可もありだが。基本助かる。
ホステルによってはコーヒーは自由に飲んでいいよとかもある。
ホステル モステルは朝食、夕食は付く。一応選択肢もあるので、自分は大好き。
ドリンクもコーヒー、紅茶、牛乳、オレンジ。
何よりいいのが、朝食抜きにすると、7ユーロになる。
ここまで自由を聞かせてくれるホステルは珍しい。


・ツアー、マップ提供
結構、マップを支給してくれるホステルは多い。これはかなり便利。
ホステル モステルはマップのクオリティがかなり高い。説明もしっかりしてる。
IMG_1564

観光地から、細かい場所、レストラン、バー、カフェまで説明されている。

そして、ツアープランを3つ用意している。
2時間かけて、町中を散策するツアー(無料)
近くの山へのハイキングツアー(忘れた)
世界遺産リラ修道院へのツアー(10ユーロ)
夜10時からみんなでバーを回るツアー(フリー)

ここまで、そろえてるとすごい…


・共有エリア
ビリヤード、ドリンク、暖炉、ソファとかいろいろあるけど。
んー特に個人的には重要なポイントはない。


・ランドリー
洗濯したいときにあると助かる。
結構高いとも多いので注意。


たくさん書いたけど、口コミをしっかりチェックするのが大事。
そして、自分の経験や勘は信じて。

ブルガリア3日目~ソフィア デートドタキャン

昨日は昼間で寝てしまった…
それでも、大丈夫。今日はデートの約束があるから。

bulgaria girl
※ブルガリア人女性で検索した画像

全然、こんなんじゃないけどね。
もっと、ギャルっぽい感じ。日本人好みの顔ではあると思うけど。
つまり、俺のタイプではない!!

それはいいとして、3時頃連絡すると約束していて、
連絡が来たのは4時。
こっちは、ホステル出れなかったんですけど!!

そして、

「両親と約束があるの、それと仕事先から重要な連絡がくるかもしれないの。」

ドタキャンや!
ていうか、これは嘘だろ。
なんで昨日の夜、約束したのに両親と会う約束ができるんだよ!

しかし、ドタキャン程度ではくじけない。
日本でもいくらでもドタキャンされたことはあるからな。
もうドタキャンは女性のお家芸だと認識している。
というか、ちゃんと事前にキャンセルの連絡を入れてくれるだけマシ。
言い訳をちゃんと考えてくれることに敬意すら覚える。

個人的な経験では、若い人ほどドタキャンする傾向はある気がする。
特に18~24歳くらい。

当然だと思う、女性は常に警戒心を持たなければいけないもの。
若すぎれば経験がなさすぎて、なにも考えずに行ってしまう。
年を食えば、経験をもとにデートの約束をする前に判断する。

そういう意味で、この年代は経験不足でデートの約束をノリでしたものの、
直前になって怖くなる、めんどくさくなってキャンセルしてしまう。
…これは男側からの勝手な推測です。今度聞いてみよっ。

しかし、この特徴は万国共通なのだろうか。

あっ、ブルガリア人女性はみんな美しいです。住みてー(*´ω`*)

ブルガリア1日目~ソフィア 町並みチェック

本日、ブルガリア~ソフィアに到着しました。
スコピエからバスで4時間強。

到着はPM8時くらいだったけど、ホステルまで歩いて街を軽くみてきました。

率直に街がでかい!

今まで、アルバニア、マケドニアと見てきたから比較してしまっているわけだが、大分近代的になってきている。
マックがある。バーガーキングがある。
※バーガーキングはマケドニアにもモールの中にあったわ…

路面電車が走っている。地下鉄がある。
クリスマスが近くイルミネーションもオサレ。

ふーむ、アルバニアはともかく、なぜマケドニアとも差があるように感じるのか。
そもそもマケドニアは本当に小さい国だからな。
人口200万人=岐阜県と一緒くらい。

ブルガリアは700万人。3倍以上。
しかし、そんなブルガリアでも国民1人あたりGDPは7,500USD…

どうしても、日本を基準に考えてしまうから恐ろしい格差を感じる。

明日から物価とかもチェックしていきたいと思います。