リュブリャナのまとめ ※リマインダー

5日間滞在

  • いきなり、ホステル変更のお知らせが。
  • でもいい部屋で、個室状態
  • やはりカトリック様式。
  • ザグレブよりさらに小さい街
  • 物価の高さにビビる(ユーロ)
  • 街を散策するも、膝が…
  • ついに日本食を発見。塩とんこつラーメンとかつ丼を食す。
  • 教会が大きすぎず、小さすぎず、好きな感じ。
  • リュブリャナ城訪問。見応えありすぎる。
  • スロベニア人女性と飲みに。妹カップルも同席!
  • 歴史博物館はなかなかよかった。(近世中心)

こじんまりとした綺麗な街。
本当は見つけたボルダリングジムに行きたかったんだけど行けず。
首都とは思えないけど、住みやすい街。
そういえば、団体の日本人観光客を見た。

リュブリャナ~ブダペスト 電車移動

今回は久々に電車移動をチョイス。

地元の人はバスをオススメしてくれたのに…
バスだと6時間くらいって言ってたかな。
ただ、ネットではあまり見つからなかったのでわからん!!

また、スロベニア人御用達の相乗りサイトを紹介してもらいました。
いつか英語が追加されますように。
https://prevoz.org/


リュブリャナ駅にて確認した結果
IMG_1719IMG_1721

・1日1便
・8:45発 17:29着 9時間近い…
・19ユーロ やっすい

バスのほうはわかってないけど、やっすいと思ったので即購入。
※バスのチケット売り場は、駅正面の建物です。(購入後、気づく)


乗車前のチケット確認とかないです、乗り込めばおk。

IMG_1722

座席が部屋になってていい感じ。
(全体が写ってないけど、6席で1部屋になってます。)

金髪お姉さんと二人きりの旅が始まる…

あんまり早くないし、結構たくさんの駅で止まる。
けど、景色はいいし、これに備えてデザートやサンドイッチも買ってあったし、
美人もいるしで快適だった。

が、お姉さんは国境前くらいで降りてしまう。
そして国境越え。パスポートチェックとか何もありませんでした。
(シェンゲン協定内の移動のため)
そして国境後、おっさん2人が同室に…
それはいいんだけど、電車全然動かない。
止まっては少し進んでを繰り返して、挙句には一回逆に走りだしたぞ。
激しく不安…

もうサンドイッチ食っちゃったし、腹減った…
結局、予定時間1時間近くオーバーの6時30分くらいに到着。

が…!!

Capture

想定していた場所を違う!!
これはまずい、ホステルが遠い。

30分以上歩きました。
到着場所には気をつけましょう。


ザグレブ~リュブリャナ バス移動
今回もバス移動ですが、どうやらこの辺から電車を使うのもありらしい。 バルカン半島諸国にも電車はあるのだが、極めて遅い。 安いけど、バスの1.5倍くらいの時間がかかる。 誰

ブダペスト~プラハ バス移動
今回はネットで調べた結果、バスが安かったので、バスをチョイス。 ・バスターミナル すこし町外れにあるので地下鉄で移動。 地下鉄は1WAYで350フォイント。(1ユ

ザグレブ~リュブリャナ バス移動

今回もバス移動ですが、どうやらこの辺から電車を使うのもありらしい。
バルカン半島諸国にも電車はあるのだが、極めて遅い。
安いけど、バスの1.5倍くらいの時間がかかる。

誰もがバス移動を勧めてくるのだが、この区間は電車を勧められた。
安いからって理由で。
ということは、そこまで悪いわけではないのだろう。

まぁ、バスにしたんだけど。


バスの時間は9時と1時45分にあったので、後者をチョイス。

・ザグレブ バスステーション
IMG_1638

チケット売り場は2階にあるのだが、
広い、そしてWifi使い放題。回線もまぁまぁ。
やはりクロアチアからかなり街の発展度に違いを感じる。

バスは時間通りにきて、また荷物預け台は取られませんでした。
クロアチア国内で他の場所に行った時は8クーナだったんだけど。

やっぱり、この荷物預け代ってバス運転手の気分次第。
つまり彼らのポケットマネーなんじゃないかと思う。

バス代は確か80クーナでした。


今回の移動、実は心配要素がある。
それは、ここからシェンゲン協定のエリアに入ることだ。
シェンゲン協定については適当にググッてください。

ようはEU国内で自由に移動できるエリアである。
”その中に入ってしまえば、もしくはそのエリア内の人は”

逆に言えば、最初入るのは厳しい可能性がある。
実際、イタリアで空路で入る際には、航空会社の人に片道チケットしか
持ってないと、帰りのチケット帰って言われるかもしれない。
その場合は、現地で買ってね。と忠告された…
っていうか誓約書っぽいの書かされた。

なので、結構チェック厳しいかもしれないと身構えていたのだが…

…なんにもありませんでした。

バスを降りて、建屋に入ると税関の窓口が2つ並んでる。
これ、クロアチア出国側とスロベニア入国側で並んでいた。
つまりひとつ目で出国スタンプしてもらったら、
すぐ横の窓口にいって入国スタンプしてもらう。

便利!ゲート分かれてないから楽!!
そんで、何一つ聞かれない。
荷物チェックもない。

ヨーロッパってなんなんだろ。
麻薬でも銃器でも人身売買でも陸路なら恐ろしくイージーそうなんだけど。

シンガポールはめちゃくちゃ厳しかったから、違和感マシマシ。

国境までは30分くらいで着きます。近い。


国境を超えたあと、2時間くらいでリュブリャナ着きました。
IMG_1719IMG_1721

ZelezniskaPostaja-Ljubljana
※わかりにくいので、Google画像検索から拝借

さらに綺麗になったな!!マックもあるし。
場所は市街地の北のほうにあります。


How to サラエボ~ザグレブ バス移動
・前の移動は、こちらの記事で これまでで国境越えが最難関のバス移動であった。 ・サラエボ バスターミナル ・プライス 少し疑問がある… 電話で

リュブリャナ~ブダペスト 電車移動
今回は久々に電車移動をチョイス。 地元の人はバスをオススメしてくれたのに… バスだと6時間くらいって言ってたかな。 ただ、ネットではあまり見つからなかったのでわからん!!

スロベニア2日目~リュブリャナ 物価高い!!ユーロの影響…

スロベニア突入。
まだ旧ユーゴスラヴィア圏、バルカンだが…
(クロアチア以北をバルカンというかは意見がわかれるらしい)

ここから大きく違うのがユーロ通貨を使っているということだ。
これまでの国でもブルガリアやクロアチアはEUだが、ユーロは使っていなかった。

イタリアもそうだったけど、物価が高い!

・市場
IMG_1705

IMG_1706

パーカーがほしかったので、ここなら安く買えるかと思い、探すと。

30ユーロ…

4000円じゃねぇか…高いよ(;´Д`)

チーズのフライとフライドポテトのセット、4.7ユーロ。
んーこれで、この値段はお得感ゼロ。
他にも、マスカット1Kgは5ユーロ。
安くはないな。

他のバルカン諸国と比べると割高感がすごい。


知り合ったスロベニア人にユーロについて聞いてみると、
大体だけど、ユーロ導入前と比較して2倍近い物価になったらしい。

1杯のコーヒーがユーロ導入前だと、
150Sit。(Sit…?)

ユーロ導入後だと、
1.5から1ユーロ=240Sit

これはきついだろ…
じゃあ、お給料も2倍になったかというと、そうではないらしい。

ユーロ導入前で平均月収は、
1200ユーロ

導入後は、
1500ユーロ(総所得。けっこう引かれるらしいです。)

ざっくり25%アップ…割にあってないような。

他バルカン諸国よりかなり高い給与だが、物価も高いし。

正直ユーロ導入にはかなり疑問が多い。
経済的に成長するのだろうけど、ユーロ導入は後進国へのメリットは少ないと思う。
ドイツとかは北欧はユーロ安になるから得なんだろうけど。