未分類

ザグレブ~リュブリャナ バス移動

今回もバス移動ですが、どうやらこの辺から電車を使うのもありらしい。
バルカン半島諸国にも電車はあるのだが、極めて遅い。
安いけど、バスの1.5倍くらいの時間がかかる。

誰もがバス移動を勧めてくるのだが、この区間は電車を勧められた。
安いからって理由で。
ということは、そこまで悪いわけではないのだろう。

まぁ、バスにしたんだけど。


バスの時間は9時と1時45分にあったので、後者をチョイス。

・ザグレブ バスステーション
IMG_1638

チケット売り場は2階にあるのだが、
広い、そしてWifi使い放題。回線もまぁまぁ。
やはりクロアチアからかなり街の発展度に違いを感じる。

バスは時間通りにきて、また荷物預け台は取られませんでした。
クロアチア国内で他の場所に行った時は8クーナだったんだけど。

やっぱり、この荷物預け代ってバス運転手の気分次第。
つまり彼らのポケットマネーなんじゃないかと思う。

バス代は確か80クーナでした。


今回の移動、実は心配要素がある。
それは、ここからシェンゲン協定のエリアに入ることだ。
シェンゲン協定については適当にググッてください。

ようはEU国内で自由に移動できるエリアである。
”その中に入ってしまえば、もしくはそのエリア内の人は”

逆に言えば、最初入るのは厳しい可能性がある。
実際、イタリアで空路で入る際には、航空会社の人に片道チケットしか
持ってないと、帰りのチケット帰って言われるかもしれない。
その場合は、現地で買ってね。と忠告された…
っていうか誓約書っぽいの書かされた。

なので、結構チェック厳しいかもしれないと身構えていたのだが…

…なんにもありませんでした。

バスを降りて、建屋に入ると税関の窓口が2つ並んでる。
これ、クロアチア出国側とスロベニア入国側で並んでいた。
つまりひとつ目で出国スタンプしてもらったら、
すぐ横の窓口にいって入国スタンプしてもらう。

便利!ゲート分かれてないから楽!!
そんで、何一つ聞かれない。
荷物チェックもない。

ヨーロッパってなんなんだろ。
麻薬でも銃器でも人身売買でも陸路なら恐ろしくイージーそうなんだけど。

シンガポールはめちゃくちゃ厳しかったから、違和感マシマシ。

国境までは30分くらいで着きます。近い。


国境を超えたあと、2時間くらいでリュブリャナ着きました。
IMG_1719IMG_1721

ZelezniskaPostaja-Ljubljana
※わかりにくいので、Google画像検索から拝借

さらに綺麗になったな!!マックもあるし。
場所は市街地の北のほうにあります。


[nlink url=”http://samaime.net/how-to-move-sarajevo-zagreb-bus/”]
[nlink url=”http://samaime.net/how-to-move-ljubljana-budapest-train/”]

スロベニア2日目~リュブリャナ 物価高い!!ユーロの影響…

スロベニア突入。
まだ旧ユーゴスラヴィア圏、バルカンだが…
(クロアチア以北をバルカンというかは意見がわかれるらしい)

ここから大きく違うのがユーロ通貨を使っているということだ。
これまでの国でもブルガリアやクロアチアはEUだが、ユーロは使っていなかった。

イタリアもそうだったけど、物価が高い!

・市場
IMG_1705

IMG_1706

パーカーがほしかったので、ここなら安く買えるかと思い、探すと。

30ユーロ…

4000円じゃねぇか…高いよ(;´Д`)

チーズのフライとフライドポテトのセット、4.7ユーロ。
んーこれで、この値段はお得感ゼロ。
他にも、マスカット1Kgは5ユーロ。
安くはないな。

他のバルカン諸国と比べると割高感がすごい。


知り合ったスロベニア人にユーロについて聞いてみると、
大体だけど、ユーロ導入前と比較して2倍近い物価になったらしい。

1杯のコーヒーがユーロ導入前だと、
150Sit。(Sit…?)

ユーロ導入後だと、
1.5から1ユーロ=240Sit

これはきついだろ…
じゃあ、お給料も2倍になったかというと、そうではないらしい。

ユーロ導入前で平均月収は、
1200ユーロ

導入後は、
1500ユーロ(総所得。けっこう引かれるらしいです。)

ざっくり25%アップ…割にあってないような。

他バルカン諸国よりかなり高い給与だが、物価も高いし。

正直ユーロ導入にはかなり疑問が多い。
経済的に成長するのだろうけど、ユーロ導入は後進国へのメリットは少ないと思う。
ドイツとかは北欧はユーロ安になるから得なんだろうけど。

クロアチア6日目~ザグレブ 平均収入(月収)について

IMG_1663

こちらの写真はザグレブ北部の高台から街を見下ろした写真。
西欧や中欧の様式に近い建物ばかり。
ユーゴスラヴィアの一員であり、南スラブ人ではあるが、
宗教は正教会ではなくカトリック。
また、ボスニアと違い、他民族も少ない。というかほとんどいない。
(そこには民族浄化の歴史もあるのだろうが…)

さらに経済的には、他バルカン諸国と比較すると非常に観光業が強く、
経済水準は高い。
地理的に中欧が近いこと、特に大きな問題はないのでEU入りも早かった。

さて、そんな国でも経済水準を比較するのは平均収入を聞いてみるのが早い。
で、聞いてみると「800ユーロ」!

正直、驚いた。
なぜならセルビア等の旧ユーゴスラヴィア各国と比較して2倍以上だからだ。
そこまで差があるのか…

というわけでネットでも調査。
実際の数値と、個人が感じてる数値の差というの興味深いが…

結果(Wikipedia先生曰く)
ザグレブ:6228クーナ = 814ユーロ
クロアチア全土:5234クーナ = 684ユーロ
※2008年

ザグレブに関して言えば、大体あってるじゃん。
しかも、結構古いデータだから、上がってる可能性は高いし。
クロアチアは観光業でブイブイいわせてるからな。

しかし、この先オーストリアやドイツがあるわけだけど、
これほど経済格差がある国が陸路で繋がり続けているってどうなんだろ…
輸出入で物価のパワーバランスが簡単に崩壊しそうだけど。

歯列矯正器具はファッション?ヨーロッパでも!?

正直、半信半疑ではあるんだけど、歯列矯正器具についてをクロアチア~ザグレブでも聞いたので、記事にしてみる。

・東南アジア(フィリピン)
もともとはフィリピンにいた時に聞いた話だった。
学校の先生が妙にみんな矯正器具つけてることに気付いたので、聞いてみた。

そしたら、これはファッションでしている、
別に歯並びを強制はしていないと。

個人的には結構ショックだった。
自分の価値観では、見栄えが悪いけど、仕方なくするものだと思っていた。

元カノがしていたので、キスするときに邪魔。ってか痛い。

けど、歯並びでの笑顔は本当に変わるから。
10代のうちにやっておくのは、いいことだと思ってた。
但し、めちゃくちゃ高いけど。
10年以上前に聞いたのはトータルで100万円以上って聞いた気がする。

話を戻すと、ファッションの理由としては、なんでもお金持ちに見えると。
確かに歯列矯正はお金がかかるし…

フィリピンではかなり多くの人がしていた、おそらく中流以上の人達が。

また、タイとか他の東南アジアでもファッションとして付けている人がいるらしい。
シンガポールでは見なかったけど…

・ヨーロッパ
さて、ヨーロッパだが…
クロアチア~ザグレブにて20代後半くらいのクロアチア人と話した時だ。

「日本でも歯列矯正器具はつけたりするの?」

最初は意味がわからなかった。
そりゃー矯正のためにするけど。

「もしかしてファッションで?」

と聞いたら、そうだと答えられた。

東南アジアでそういうのあるけど、日本ではないよ。
あくまで矯正のためだけだよと説明したら、

クロアチアでは2~3年くらい前まではファッションでしていたと言うのだ。
正直、信じられなかった。
っていうか今でも半信半疑。

しかし、金持ちに見えるかって観点では、バルカン半島でも同じ現象が
起きてもおかしくない気がする。(ステイタスとして)
過去に聞いた話では、東欧系の女性は外出するときは、きっちりした服装で
外出する。けっして、ルーズな服で外出はしないらしい。

これ、西欧や北米ってか日本もだけど、服装のルーズさは気にしない人が、
多いと思う。おもむろにハーパンにボロボロのTシャツとかだ。
なぜなら知っているからだ、
「高い服は大したステータスにはならない」と。

そう考えると、東欧やバルカン半島で金持ちに見えるファッションが、
浸透するのもうなずける。

まぁ、今は違うと言っていたが。
ちょっと知り合いに聞いて、他の国についても調査してみようかなー

ニューイヤーズ・イブ パーティーはサラエヴォで

クリスマスは1人だったけど、ニューイヤーズ・イブはラッキーなことに
サラエボで知り合った友人から、パーティーに誘ってもらえました。

ほんと、バルカン半島の国の人達あたたけぇなぁ。泣ける。
けど、やっぱ緊張する。超アウェイだしね。


料理を作るので、PM9時集合でした。
行ってみると、4部屋くらいあるアパートの1室。
自分合わせて3人や!

待ちつつも、ワイン飲んで、音楽を聞いて喋り出す。
大丈夫かこれ…あとで飯入らなくなるぞ。

と思ってら、3人やってきたので、飯を食べ始める。

  • スープ:みんな塩かけてたけど、味薄い前提?
  • 温野菜:やはり塩
  • じゃがいもとチキンのオーブン焼き:うまい
  • ラムの頭丸焼き!?
  • その他、マフィンとかお菓子類

20120415-sheeps-head
※Google画像検索

ラムの頭丸焼きはびっくりした。
頭とアゴ周りで2つにわけ、アゴ周りを渡された。
とりあえず、周りの肉を削いで食ってると…うまいし。
そうこうしてると、目玉を渡された。

まじか…と思いながら食うと。

まぁ、別に悪く無い。なんだろう、ゼリーっぽいレバーかな。
それから、舌。これも牛タンとかと一緒で美味かった。

要は普通に美味かったです。

食事後は、ラムの頭を共有した男と二人話し合いが始まった。
彼は格闘技が好きで日本の格闘技やアニメも好きらしい。
確かにすげぇガタイしてた。

とりあえず、忍術は今の日本には存在しません。
銀魂は金玉と間違えると大変なことになるので気をつけろ。
と教えたら、金玉で大爆笑してた。

その後、かれはあちこちで金玉と絶叫することに…

パーティーは続く…

ボスニア・ヘルツェゴビナで出会った女性 アリヤ(仮)の話~パンクロックな日本アニメオタク

images
※例によってGoogle画像検索から

ナチュラルウェーブな髪の女性多いよなーヨーロッパ。
彼女もそうで、さらに髪を赤く染めていた。
このレッドヘアーは彼女のトレードマークっぽい。
服とかの感じからしてもパンクロッカー!

大きく特徴を挙げると

  • 赤い髪
  • 歴史オタク
  • 日本アニメ・漫画好き
  • アニメーション製作会社で働いている。

歴史は大学での専門だったようで、今でも大好き。
博物館に行くときは、付き合ってくれて詳しく教えてくれた。

日本アニメ・漫画好きだけど、日本の歴史も結構知っていて。
江戸時代とか普通に会話に出てきて驚いた。

アニメも日本語で見るのが好きと言っていた。
ワンピースのゾロが「マリモ」って言われるのは日本語だけで、
マリモがなんなのか調べたら爆笑したらしい。
確かに、マリモは日本人では共通認識だけど、他国では違うよな。

そういった日本好きなおかげで、かなり会話を楽しめた。
彼女のおかげで、サラエボが大好きになったといっても過言ではない。


そんな彼女もボスニア紛争を経験している。
その時のこと、聞いてもいい?と聞いたら快く話してくれた。

突然、戦争が始まり(子供達にとっては)家から出られなくなったこと。
彼女は、この戦争の間もずっとサラエボに住み続けていた。
中には、別の地域や国に移動する人達もいたらしい。

学校に行けなくなったけど、戦争中も近所の人達が個人の部屋を
使って授業をしてくれたらしい。

外にはでれないけど、学校はあるから嫌だったと、当時は思ったらしい。

毎日、銃声や爆発音が聞こえたこと。

食事は配給制で、お腹いっぱいは食べれなかったこと。

多少軽く話してくれたのだと思う。
史料によるサラエボの状態はもっと酷かったとはずだし。

戦争後は、高校生だったけどいろいろと物がなかったと言っていた。
パンクファッションが好きだったので、自分でTシャツをカスタマイズしたり
して、オシャレしていたと。

全然気にしてない風ではあったけど、博物館で戦争関連の場所では
ちょっと嫌な顔をしてたと思う。

優しくて気が利く、オタクなとこがあるけど、そこがまたいい。
そんな魅力的な女性とサラエボで出会えました。

サラエボ観光~国立博物館 特にオスマン帝国時代の生活様式が見れたのがよかった

以前紹介した、歴史博物館の隣にあります。
[nlink url=”http://samaime.net/sarajevo-historical-museum/”]

歴史博物館のほうが微妙なので、セットで行ったほうがいいと思う。

入場料は6マルク。(400円未満)

・外観正面
Sarajevo_National_Museum_of_Bosnia_and_Hercegovina

あんまり広そうに見えないが…

・上空から
to-mark-the-re-opening-of-the-national-museum-of-bih-1443776000

このように、中庭を通じて、横と裏側にも建屋があります。
そのため、展示物はたくさんあり、結構楽しめるかと。

1.正面の建屋
紀元前やローマ帝国時代、ボスニア王国時代の発掘品や解説が展示されている。
ぶっちゃけ、イタリアと他バルカン諸国を既に周ってきた自分としては、
どこも一緒だなーって感じ。
ただ、オスマン帝国前のボスニア王国についてはここでしか見れないので、
貴重だと思う。

2.左の建屋
オスマン帝国時代の人々の生活スタイルなどを展示している。
実はこれは自分としては新鮮で楽しかった。
それは、他のバルカン諸国ではオスマン帝国時代については史料を
展示していなかったのだ。
トルコ行けばいいだけかもしれんけど…
床に絨毯をひいて、周りをソファで囲んである部屋。
12388157_10153767263338838_1117188278_n

地面に座ってテーブルを囲んだりもするらしい。
このスタイルに温かみを感じるのは…日本の畳+ちゃぶ台に通ずるからか…

同行してくれたボスニア人が行っていたが、確かにオスマン帝国により悪いことも
たくさんあったが、いい文化もたくさんあると言っていた。
彼女はこの生活スタイルは祖母の家にあり、好きだと言っていた。

他にも日用品や、服装などが見れます。

また、入り口のそばに、ボスニア戦争時代の展示とビデオがあります。
またか…

3.後ろの建屋
動物、鳥、植物、昆虫、などに自然博物館です。
まぁ、日本でもあるだろうし、ブルガリアでも行った。
どの国にもあるよー。

4.左の建屋
行ってないな…はいれるかわかりません。

予算の関係ですべてを展示できていないと言っていたので、閉まっていたのかも。

といった感じの展示で特にオスマン帝国時代の生活様式が見れるのがよかった。
是非、訪ねてほしい博物館です。

それと、中は超寒いです、しっかり着込んで行ってください。
ここにも予算不足が押し寄せている…

バルカン半島諸国の物価について考察

タバコ in サラエボ
IMG_1629
4マルク=260円
大体バルカン半島諸国ではタバコは200円代。
あんま覚えてないけど、アルバニアが一番安かった気がする。
ついでにこちらのタバコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ原産のタバコです。

ブーツ in サラエボ
IMG_1624
25マルク=1600円
これは50%引きセールで売ってた。
なかなか悪くないし、ティンバーランドと何が違うんだとと思う。
(ティンバーランド履いたことないけど)

基本的に、物価は安いバルカン半島諸国。
人々の平均月収が250~350ユーロだから、当たり前。
でなきゃ人々が生活できんわ。

人件費はそのまま物価にも繋がる。
また、これらの国は1次産業がメインの国が多い。
つまり、衣食住は自国の生産でカバーできているわけだ。
(衣はちょっとわからんけど)
自国で作ったものは、自国で売れる値段設定にするから、当然安い。

しかし、輸入品は当然高くなる。
例えば上のブーツだけど、買ったお店はドイツのメーカーと言っていた。
このとき、ボスニアの友人と一緒に買いに行ったので、
物価安いねーと話題を振って、物価の話をしたのだが、

「お店も、みんなお金持がないことは理解している。
 だから、値段設定も高くない。」

とのことだ。

これはつまり…店の取り分が少なくするということだろう。
いわゆる原価(卸値)はどの国で売っても変わらない。
むしろ流量で変わることもあるから、販売量が少ない国の方が不利かもしれない。

しかしだ、小売会社、人も現地人なら、彼らの取り分(人件費、店の経営費)
は他国より安いはずだろう。

結果、輸入品であっても他国より安くなる可能性は十分ある。

つまりは大体の物は安く買えるってことだ!理屈的にも!!

クロアチア3日目~ザグレブ 雪すげぇ…ヨーロッパの冬

IMG_1657
昼:自然のスケートリンク

IMG_1665
夜:また降りだしてるし…

サラエボ滞在時(1月3日)から雪が降り出していたが、予想以上の量で降っている。
一応、雪国出身なのだが、結構びっくり。
軽く降って、地面がシャバシャバになるレベルではなく、がっつり積もった。

特に降雪初日はやばかった。
除雪もされていないので、めちゃくちゃ歩きづらい。

次の日にはしっかり除雪されていた。
さすがに雪に慣れているのか行動が早い。
トラム(路面電車)は普通にその日でも動いていたし。

東京や名古屋で雪が降った時とは大違いだ。
(交通機関麻痺、交通事故多発の阿鼻叫喚)

冬の寒さと雪についてボスニア人と話をしたのだが、
基本的にはヨーロッパのどこでも寒いし、雪は降る。

雪が振らないのは、スペイン南部、ポルトガル、イタリア南部、ギリシャくらい
との意見で一致した。
(地方にもよる。トルコをヨーロッパにいれるかは微妙な問題)

よくこんな地方で長い歴史が育まれたなぁと不思議に思う。
なんで、こんなとこに住み着いたのか…
暖かいところに住めばいいのに。当時は暖房もなかろうて。

土地、気候、性格は深い結び付きがある。
東南アジアは温かい気候の性格がどうなるかよく教えてくれた。

この寒さが、ヨーロピアンの性格にどう影響しているのか興味が尽きない。

超簡単マケドニア語講座(セルビア、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアでも使えるよ。)

マケドニアで習ったマケドニア語を紹介するよ。
日常会話で超使えるものばかりだ!!

・Zdravo! ズドラヴォ
ドあたりにアクセントを置き、ズは軽く発音する。
英語でのHiに相当する。
人にあったら、とりあえず行っておけばおk!
例:店に入ったとき。目があった時。

・Fara ファーラー
かる~く音を伸ばす。
英語でのThank you。
感じ的には「どうも」のような、カジュアルなありがとう。
困ったら行っておけばおk!
例:レストランで食事が運ばれてきた時。

・Ciao チャオ
日本語の発音とと一緒でおk。
イタリア語ではない、「さよなら」の意味です。
例:お店をでるとき。

・Ja sam Japanese ヤ スム ヤポネーゼ
どうしても一番聞かれる質問はどうしても、
「Where are you from?」
なので、これにパーフェクトに切り返してけ。
これで、一気に仲良く慣れる。

マケドニア、ブルガリア、セルビア、ボスニア、クロアチアだが、
微妙な違いがあるが同じ言語を共有している。

そのため、この国の人達は言葉は違えど会話できるらしい。
微妙な違いは現地で修正しつつ、この4つの言葉を使いこなせれば、
掴みはおk!!