フィリピンで中華系フィリピン人と仕事する機会があったので…

シンガポール時代、フィリピンの顧客(というかビジネスパートナー)
の代表が中華系フィリピン人だった。
ピノイって読んでいいのだろうか。

容姿からして明らかにフィリピン人ではない。
なんていうか、目を一重にしたチェ・ゲバラっぽい感じ。
index

まぁ、ヒゲと髪がボサボサな東アジア人だ。

フィリピンでは人口の10%くらいが華人らしい。(1000万人)
この内の100万人くらいがフィリピンの資本の90%を握っているらしい。
アヤラ財閥やSMモールも華人創業者の企業だ。

フィリピンでの留学時代はまったく知り合う機会はなかった。
先生でもいなかったし。
普通のフィリピン人とは違うのだろう。

話を彼に戻すが、フィリピン出張時などに何回か2人で話す機会があり、
いろいろ聞くことができた。

そもそも彼だが、27、8歳くらいなのだが、既に起業して
自分で会社を運営している。
仕事に対するマインドもフィリピン人とは明らかに違う。

  • 時間にルーズでない。
  • 相手が時間を守らないのを承知で、早めに着くよう行動する。
  • 移動時間を考慮し、時間一杯行動する。
  • そのために自分の残業も厭わない
  • フィリピンがコネ社会であることを理解し利用している。
  • 中期ビジョンを考えて行動している。
  • 空気を読んで、引き下がるときは下がる。

普通じゃん。
って違うんだよ。これらはすべて平均的フィリピン人ができない行動である。

ちょっと突っ込んで、彼に中華系だよねと聞いてみると。

「そうだよ、チャイニーズブラッドを持ってる。」

と堂々と返事してくれた。
人種に関して言えば、マイノリティーが不利というのが世界共通だと思ってた。
迫害されたり、不利な条件を背負わされたり。

フィリピンでは、華人は富の象徴でもあるのだろう。
そのバックグラウンドがあるから優秀にもなるではないだろうか。

彼の彼女も華人。今はカナダでナースをしているらしい。
彼の友人にも3人ほど会ったが、(夜のお店で)みな華人。
そして、企業を興し、経営している。

彼らは中国人ではないだろうし、自分をフィリピン人と考えているだろう。
当然、タガログを話すし。
同僚のシンガポール人とも英語で話していたから、おそらく中国語は話せないだろう。

中華系フィリピン人というマイノリティーとして誇りと持ち、富を築いている。

実際、華人ってすごいわーと思う人との出会いでした。

歯列矯正器具はファッション?ヨーロッパでも!?

正直、半信半疑ではあるんだけど、歯列矯正器具についてをクロアチア~ザグレブでも聞いたので、記事にしてみる。

・東南アジア(フィリピン)
もともとはフィリピンにいた時に聞いた話だった。
学校の先生が妙にみんな矯正器具つけてることに気付いたので、聞いてみた。

そしたら、これはファッションでしている、
別に歯並びを強制はしていないと。

個人的には結構ショックだった。
自分の価値観では、見栄えが悪いけど、仕方なくするものだと思っていた。

元カノがしていたので、キスするときに邪魔。ってか痛い。

けど、歯並びでの笑顔は本当に変わるから。
10代のうちにやっておくのは、いいことだと思ってた。
但し、めちゃくちゃ高いけど。
10年以上前に聞いたのはトータルで100万円以上って聞いた気がする。

話を戻すと、ファッションの理由としては、なんでもお金持ちに見えると。
確かに歯列矯正はお金がかかるし…

フィリピンではかなり多くの人がしていた、おそらく中流以上の人達が。

また、タイとか他の東南アジアでもファッションとして付けている人がいるらしい。
シンガポールでは見なかったけど…

・ヨーロッパ
さて、ヨーロッパだが…
クロアチア~ザグレブにて20代後半くらいのクロアチア人と話した時だ。

「日本でも歯列矯正器具はつけたりするの?」

最初は意味がわからなかった。
そりゃー矯正のためにするけど。

「もしかしてファッションで?」

と聞いたら、そうだと答えられた。

東南アジアでそういうのあるけど、日本ではないよ。
あくまで矯正のためだけだよと説明したら、

クロアチアでは2~3年くらい前まではファッションでしていたと言うのだ。
正直、信じられなかった。
っていうか今でも半信半疑。

しかし、金持ちに見えるかって観点では、バルカン半島でも同じ現象が
起きてもおかしくない気がする。(ステイタスとして)
過去に聞いた話では、東欧系の女性は外出するときは、きっちりした服装で
外出する。けっして、ルーズな服で外出はしないらしい。

これ、西欧や北米ってか日本もだけど、服装のルーズさは気にしない人が、
多いと思う。おもむろにハーパンにボロボロのTシャツとかだ。
なぜなら知っているからだ、
「高い服は大したステータスにはならない」と。

そう考えると、東欧やバルカン半島で金持ちに見えるファッションが、
浸透するのもうなずける。

まぁ、今は違うと言っていたが。
ちょっと知り合いに聞いて、他の国についても調査してみようかなー

イタリアからのフェリーでフィリピン人がいた話

サムネイル画像は「フィリピン フェリー」でググったら出てきた画像です。
悪意がないと言えば嘘になるけど、まぁそんなイメージだしなぁ…

イタリア~バーリからアルバニア~ドゥラス間のフェリーに乗ったらフィリピン人乗船員がいました。

・そのときの記事

How to バーリ~ドゥラス フェリー移動
フェリーに乗るまでの手順を書いた記事です。多分、この旅で一番不安になった。調べてなけりゃまず迷う…

フェリーに乗り込んで、受付をしてると、横で待機していた女性。
白人社会のはずなのに、妙に東南アジア顔だな…と思ってると。

パスポートチェックしている受付(白人)が、「オージャパニーズ」みたいなリアクションをとってたら、その女性が話しかけてきた。
どう話がはじまったかあまり覚えてないけど、自分はフィリピン人だと言っていた。

なるほど、道理で英語も堪能だ。
しかし、ここはヨーロッパだよ。大分フィリピン離れているのに…

昔フィリピンにいたよと言うと、他のフィリピン人も集まってきた。
後で見て回った感じだと、案内係は大体フィリピン人のようだった。
受付やバーの店員とかはヨーロッパの人っぽい。
※ヨーロッパぽい程度しか見分けがつかない…

ホント世界中どこにでも出稼ぎにきてるなぁ。

昔、フィリピンの英語学校にいた時に船乗りをやっているという知り合いがいた。
船についてはよくわからんが、荷物を運ぶ巨大な貨物船で航海の指揮をとるような感じっぽい仕事のようだった。カナダやシンガポールなど、いろんな地域にいくと言っていた。

彼によると、乗組員はフィリピン人は多かったと言っていた。
一部の指示を出す日本人が数人であとはフィリピン人。
実際の作業する人やコックとか…

確かに考えると、船の乗組員で考えると特殊な技能が必要でないならば、コミュニケーションさえ取れれば、誰でもいい。
だからといって、本当にフィリピン人でいいかと言われれば、そう簡単ではないと思うけど。
まぁ、そこそこの大学出てれば、許容できるくらいかなと思う。

となると英語が喋れるフィリピン人がかなり格安で雇えると思われる。
安い労働力と高い英語力。
労働ビザの問題さえ解決すれば、どこでも働けそうだな。

フィリピンにいた時は、フィリピン人の仕事への態度に辟易していたけど、今問題になっている中東からの移民に比べれば、かなりいい人材に思えてきた。

キリスト教だし…
ヨーロッパにフィリピン人の出稼ぎが増えればいいんじゃないって気がしてきたな。

偏食のフィリピン女が個人的に許容できなかった。食文化が違うと相手を許せなくなることに気づいたあの日。

フィリピンではなくシンガポールで出会ったフィリピーナの話。

その子と会う約束を取り付け、店は日本式洋食屋くらいが無難かなとチョイス。
日本食食べたくて、日本人意外にも食べやすいだろうという配慮。

そして注文。
野菜は食べれないという話。どれがいいか聞いてくるのでオムライスにビーフシチューがかかったやつをチョイス。
料理が届いて、まず「肉がない。」
卵を開いて「ご飯食べたくない。」
そして、卵だけをめくりながら食べていく。たぶんケチャップライスNG。
普段、人の食べるものなんてどうでもいいと思うんだけど、この時は違和感がすごかった。
俺の頼んだハンバーグを分けながら思った。
ついでに、頼んだサラダを勧めたら断固拒否。

彼女は肉と卵しか食えないのか…まぁ白飯は食えるだろう。
でも、こうやってフィリピンによくいるふっくらした方ができあがるのだなと実感。
※フィリピンではふくよかが悪いとは限らない。結構そのほうがモテるようだし。

食べれるものしか食べず、それ以外はまったく挑戦しない。
その保守的さもフィリピーナ。

彼女は母国ではナースとして働いていたとのこと。
その経験から、自分の食生活に疑問を抱かないのだろうか…ないな。

些細なことだけど、目の前で出会うと恐ろしいカルチャーショックを受けるのが食事文化。
現に、自分は彼女と2度と合わないと、その日思った。

もちろん自分に対してもそれは言える。
偏食、食事残し、非挑戦的。普通の人は何も言わないだろうけど、気分を害したり、印象悪くすることもあろう。

・好き嫌いしない
・食事を残さない
・食わず嫌いしない

彼氏のいる女 ジョアンニ(仮名)

ジョアンニはそう…日本でいうなら真面目な文学少女だろう。
年齢は20代中頃から後半くらいだろうが。
ついでに文学少女はBluestockingだそうだ。ストッキング…?

フィリピン人は時間にルーズだ。
英語学校であればかなりましだが、それでも5分程度はよく遅れる。
ジョアンニは遅れなかった。
そして、いつも本を読んで待っていた。何かはよくわからんが小説っぽい。
彼女の勤勉さに満足しレッスンを受けていた。

ある日…話しているとジョアンニが自分の彼氏の話をしだした。
「彼氏いるの!!!???」
と失礼にも驚いてしまったが、これにはわけがある。

そう…ジョアンニは太っていた。
具体的には、これより一回りくらいかな。

日本人的感覚で言えば相当なデブだ。勝手で申し訳ないが喪女と決めつけていた。
関係はなかなかいい感じのようで付き合いは長く遠距離のようだ。

文化の違いは恐ろしい。
フィリピン人ではちょっと太めのほうがモテるとはよく聞く。
実際、日本人の女子でもガタイがいい子のほうがフィリピーノにモテていた。
ジョアンニはそのレベルじゃないだろってわけではあるが。
繰り返す、文化の違いは恐ろしいのだ。自分の物差しは全く役に立たない。

一つ…グローバルなものさしを入手できたと思いたい。

フィリピーノとフィリピーナ

よく言われるのが、
フィリピーノはダメ男の典型。
フィリピーナは我慢できる女。

フィリピンがアジアの病人とか言われるのはフィリピーノのだめっぷりも影響していると思う、私の意見としては。
箇条書きにしてもキリがないので、フィリピーノを端的に表すと、
お金があると、わーヽ(´Д`;)ノって遊びにいって、飲んだり女遊びしたりして、お金がなくなると「お金なくなっちゃったー(・ω・`)」って家に帰ってくる。
これが、全ての世代で結婚の有無関係なく起こる感じ。
もっとも悲しいリアルな例は、妊娠させて逃亡。
シングルマザーの多いこと多いこと。

そんな中、フィリピーナは健気に頑張ってると思う。
旦那がタンバイ(無職)したいからやっと貯まってきた貯金や保険をくずす。
シングルマザーは夜の街に出て子供を育てる。「こんな姿子供に見せたくない」といって、子供を実家において。
フィリピーナはホスピタリティが高いと言われている。

しかしだ、フィリピーナにはフィリピーノが必要なのだろう。
そうダメ男をあやす母親みたいなものだ。
実際、フィリピーノがだめ男なのは親が甘やかしすぎた結果だと思う。

そう、世の中うまくできているのだ。
フィリピーナは大変そうだ。しかし、外人にはもてる。
フィリピーノは楽しそうだ。しかし、外人にはもてなかろう…


※モトボサツ先生ブログから拝借。フィリピンを知るには神ブログなのでチェック必須。
http://cebusurvive.doorblog.jp/

フィリピンタクシー ドライバーについて

フィリピン人タクシードライバー・・・
いろいろなやつらがいる。

まず、ボッタクリにくるのは基本。
やつらは道には詳しい。道分からないから遠回りになった。道知らない。
これはありえないらしい。
※フィリピン人情報

遠回りしてボッタクリにくる。
変な道行きだしたら降りてやればいい。周りの状況を確認して。
タクシーも捕まえられなさそうなところで降りるのはまずい。
明らかに遠回りしたドライバーには
「Your fault.」
とか言って、金を減らして渡してもいい。

なんだかんだでタクシードライバーには強気で通してもOKな気がする。
というか、結構すぐ引き下がる。
全体の一貫性とか整合をとるって感覚はない感じだ。
慣れると面白いし、扱いは楽。

最後に、お金に関してはそんなにケチる必要はないと思う。
なぜなら、そのケチりで浮くお金は100円~200円程度だ。
その額でリスクが増すのは考えものだろう。
危ないかなーと思ったら、やめとくのが吉。

 

フィリピンタクシー おつり編

フィリピンではおつりには注意しなければならない。
なぜならば、用意されてないからだ。
不用意に500ペソ、1000ペソと出すと
「ノーチェンジ」(おつりないよ)
とか言われる。

もちろん、大きい店。スタバとかジョリビーとかモールとかなら大丈夫なので、そういったタイミングで大きい札は崩しておくことが重要だ。
100ペソをたくさんキープしておくこと。

僕の体験ではこんなことがあった。
その日は500ペソしか持ってなかった。近くに崩せるところもないので、そのままタクシーに乗り込んだ。100ペソ程度の距離なので、お釣りは400ペソ。
持っていない。または、持っていないと言い張られる可能性は十分にある。

というわけで乗ってすぐに、
自分「お釣りで400ペソ持ってる?」
と先手をうって聞いてみたところ。

ドライバー「300ペソしかないよー」
自分「わかった、止めろ」
ドライバー「Just kidding」

少しは悪びれろ!!奴らは悪びれない。ボレるタイミングではかならずやってくる。

フィリピンタクシー事情

今更フィリピンタクシー情報など、ネット上に氾濫していると思ったが…
しかし、東南アジア情勢は日々移り変わる。
例えば、フィリピンへの英語留学も3~4年前は今ほど日本人学校は多くなかった。
その当時は日本人は皆、韓国人経営の語学学校に通ったのだ。
しかし、今ではたくさんの日本人学校があり、こんな斡旋サイトもある。

School with
http://schoolwith.me/

というわけで、2014年最新の情報として役立ってほしいと思う。

結論をサクッとまとめて箇条書き  ※マニラとその近郊の話
・安い
・ボッタクリタクシーが多い
・まれにいい運転手や面白い運転手がいてうける
・レーサーばりに飛ばすやつらがいる
・そして、俺の運転うまいだろとか自慢気
・女がいると冷やかしてくる。うぜぇ。
・マラテ周辺になるとさらにそのへんは加速
・奴ら道は詳しい。遠回りやわからないは騙しにきてるぞ
・英語が通じないドライバーにあったことはない
・空港タクシーは基本高い上、さらにボッタクるやつらがいる
・指摘しても悪びれない。開き直る。
・慣れるまではやっぱり大変。交渉は必要。
・その分、交渉次第でいろいろ可能。
・特に女性はトラブルにあったエピソードをたくさん聞く
・渋滞がすごいので、時間を意識するのは大事

気が向いたら体験談も書いていくよ。