超簡単マケドニア語講座(セルビア、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアでも使えるよ。)

マケドニアで習ったマケドニア語を紹介するよ。
日常会話で超使えるものばかりだ!!

・Zdravo! ズドラヴォ
ドあたりにアクセントを置き、ズは軽く発音する。
英語でのHiに相当する。
人にあったら、とりあえず行っておけばおk!
例:店に入ったとき。目があった時。

・Fara ファーラー
かる~く音を伸ばす。
英語でのThank you。
感じ的には「どうも」のような、カジュアルなありがとう。
困ったら行っておけばおk!
例:レストランで食事が運ばれてきた時。

・Ciao チャオ
日本語の発音とと一緒でおk。
イタリア語ではない、「さよなら」の意味です。
例:お店をでるとき。

・Ja sam Japanese ヤ スム ヤポネーゼ
どうしても一番聞かれる質問はどうしても、
「Where are you from?」
なので、これにパーフェクトに切り返してけ。
これで、一気に仲良く慣れる。

マケドニア、ブルガリア、セルビア、ボスニア、クロアチアだが、
微妙な違いがあるが同じ言語を共有している。

そのため、この国の人達は言葉は違えど会話できるらしい。
微妙な違いは現地で修正しつつ、この4つの言葉を使いこなせれば、
掴みはおk!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA