ミラノ ドゥオモ広場にて~物売り黒人には気をつけろ。ミサンガのことだ!

ミラノドゥオモ広場

美しいドゥオモの前、溢れる活気、餌を食う鳩、そして商売をする黒人。
どこの人かはわからん。
ナイジェリアとかのアフリカかもしれんし、とりあえず黒人。

イタリアはラテン系民族の国家だというが、北側に位置するミラノではゲルマン系の人が多いせいか、より移民っぽい黒人が目立つ。
ミサンガ、自撮り棒(セルフィー)、USBケーブル、空に飛ばすプロペラみたいなおもちゃ、床に叩きつけてすぐ戻るスライムのおもちゃなどを売っている。

きっと生活がかかっているのだ、おそらく移民で仕事も見つからず、こんなものを売って生計をたてるしかないのだ。
だから、せっかくの美しい景観が台無しでも、ゆっくりドゥオモを眺めていると話しかけてきて、ゆっくりできなくても、許そう。仕方ないのだ。

しかし、詐欺商法で強引に販売してくるのは問題だ。

以下、実体験~
ドゥオモ広場にてスマホを確認していると、ミサンガ売りの黒人が話しかけてくる。
”チャオ”とひとこと言って無視するつもりが、

物売り黒人「ウェアーアーユーフロム」

物売り黒人「オー、アイノウトーキョー、オーサカー」

と、日本トークを繰り出してくる。
少し話していると、ミサンガを勝手に腕にかけて、

物売り黒人「アイギブユー、プレゼント」

と強引に腕に巻き付けてくる。
断っても、時既に遅し。
手早く、手首に結びつけ、余った部分を爪切りで切って完成。
早業…そして、

物売り黒人「チップ、チップ」

仕方ない、1、2ユーロやるかと、コインを出そうとすると、

物売り黒人「ノー、テンユーロ。アイハブチェンジ」

そこで気づいた、そうやられたのである。
ミサンガはしっかり固結びされており、とても取れない。
そしてやつはお釣りまで完備。謀られたか!!

「てめぇ、プレゼントって言っただろうが!!」

と言う前には考えていた。相手は屈強な黒人だ。
こっちは一人、向こうは周りいる他の物売り黒人も仲間につけれるだろう。
そして手早く、結び付けられた敗北感…

こうして10ユーロ(1300円くらい)の高級ミサンガをゲットした。
おのれ…せめて有意義に使えよあのやろう。確か水色のダウンジャケットきた黒人だ。

怒りのあまり、このあとすぐライターで焼き切ろうとしたが、無理でした。
熱いし。

あれから3週間立つ、今でもこいつは右腕に巻き付いてやがる。

もうだれもひっかからないことを願う。

誰も、この道を通ららないでくれ

 

ミラノ ドゥオモ広場にて~物売り黒人には気をつけろ。ミサンガのことだ!” への1件のコメント

  1. 残念ながらほぼ同じ道を通りました…

    ローマでセネガル出身の黒人に話しかけられ、ヨーロッパでは黒人は嫌われているとか色々話されたあとに民芸品を渡されました。お金を要求してくるんだろうと思い「NO!」というとプレゼントだと言います。友達にもあげなよと小さな亀の置物ももらいました。そしてその人と別れ、なんだただの良い人かと思ったら数十秒後に「Excuse me.」とそいつが後を追ってきました。プレゼントあげたからアフリカの家族のために何かくれと言うのです。あげれるモノは何もなかったのでそう伝えると10ユーロでどうだと言ってきます。お金払いたくないうえに正直本当にいらなかったのでもらった民芸品を返そうとすると「This is not good because you are happy.」と意味不明な理由で受け取ってくれません。いやhappyじゃねえし。かなり高圧的で怖かったので持っていた1ユーロを渡したら「は?これだけ?」みたいな顔をされました。そこで警察呼ぶぞと脅すと「呼んでみよろ。F*ck off.」と引いてくれませんでした。ダメだと思い民芸品を無理矢理相手のカバンにねじ込み早歩きで逃げました。私はほんの1ユーロで済みましたが、それでも1ユーロ失ったことには変わりません。非常に腹立たしいです。今思えば話しかけてきたときに気軽に応じたと自分の警戒心のなさにも腹が立ちます。

    本当にこれ以上同じような犠牲者が出てほしくないです。日本人はこんな押し売りや詐欺に対する免疫があまりなくキッパリと断ることが難しいです。そのためターゲットになりやすいのです。ほかにもバラの押し売りや「ナガトモ」と言って近寄ってくるやつが多くいました(そいつらは全員無視しました)。イタリア含めヨーロッパは比較的治安が良いとはいえこういった悪行は特に観光地ではよく見られます。本当に自分が最後の犠牲者であってほしいです…長文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA