立食パーティーなのに…椅子を運んでくるタイ人

先日…会社でイベントがあった。
そこそこ大きなイベントでホテルの会場を貸し切り、
日本の親会社から偉い人たちが来て、
会社の業績、今後、MVPの発表などをするイベントだった。

そのメインイベント終了後の食事会でのことである…

メインイベントを終え、食事用にアレンジされ、

こうなった。
(イメージ画像、Google画像検索から適当の拝借したものです。)

机が数個、壁沿いに椅子が並べられ立食パーティーの配置である。
ビュッフェ形式で、料理は会場を出た廊下にあった。

ゆっくり食事はできないかもしてないが、自分としては歓迎だった。
席はあらかじめ決められておりタイ人席。
ぶっちゃけタイ人メンバーと特に話すこともないし、偉い人や関連会社の
人たちと話しておこうとか思ってたので。

乾杯は終わり、全員が食事をとりにいく。
並ぶのが嫌で少し待っていると、タイ人が一人皿を持って帰ってきた。
すると彼女、壁際に並べてあった椅子をズルズルとひきずり運ぼうと
しているではないか!?

待てと話しかけて静止。
これは立食パーティー云々を説明し、椅子を運ぶのはよくないと説明。
すると、わかってくれたのか椅子を運ぶのをやめてくれた。

まぁ、彼女は新卒だし仕方ないだろう、そういうマナー的なこと知らないよな。
と思い安心して、食事を取りに行くことにしたのだが…

甘かった…
食事を取って会場に戻ってくると…阿鼻叫喚の地獄絵図
タイ人達は椅子を運び出し、椅子に座り、食事に貪りついていたをしていた。

「うわー」
と光景を眺めていると、周囲の日本人も似たようなリアクションになっていた。
一言では言い表しにくいあの感情…
単に貧しい人たちや、スラム街とかを見たときとは違う。
経済的ではなく、文化的に劣っていると感じてしまったときの感情だと思う。
この土人どもが…

食事や会食のマナーが文化的に優れているかと言われれば、
そういうわけではないだけれども…

複雑な表情をしながら立ち続ける日本人達。
自分もしばらくは立っていたけれども、タイ人席で自分以外全員が座っている中で、
自分だけが立っているのも滑稽な気分になってきた。
かといって、タイ人達にマナーだからとか説明をして、椅子を片付けさせ、
立って食事をさせるのも文化の押し付けだと思ってしまう。
というわけで、郷に入っては郷に従う選択肢を選んだのだった。
つまり椅子に座った(´・ω・`)
気づくと、他の日本人たちも椅子に座っている(´・ω・`)

やるせない気持ちだったが、久々のカルチャーショックに打ち震える出来事であった。

最後に、考察としてタイ人の気持ちとして考えると、
以下の考えがあると思う。

1.そんなマナーは知らない
そんなマナーは別の誰か(欧米文化?)が作ったものだ。
そんなもん知らん。

2.座らずに食事はしづらい
それはたしかにそう。
しかも、食べづらいメニューが多かった。
リブロースステーキとか

3.別に話したくないし
タイ人からすれば、日本本社からの偉い人になど興味はない。
座ってタイ人同士、楽しく食事ができればいいのだ。

超えられない文化の壁。その名はカルチャーショック。
実は嫌いじゃないけど(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA