フィリピーノとフィリピーナ

よく言われるのが、
フィリピーノはダメ男の典型。
フィリピーナは我慢できる女。

フィリピンがアジアの病人とか言われるのはフィリピーノのだめっぷりも影響していると思う、私の意見としては。
箇条書きにしてもキリがないので、フィリピーノを端的に表すと、
お金があると、わーヽ(´Д`;)ノって遊びにいって、飲んだり女遊びしたりして、お金がなくなると「お金なくなっちゃったー(・ω・`)」って家に帰ってくる。
これが、全ての世代で結婚の有無関係なく起こる感じ。
もっとも悲しいリアルな例は、妊娠させて逃亡。
シングルマザーの多いこと多いこと。

そんな中、フィリピーナは健気に頑張ってると思う。
旦那がタンバイ(無職)したいからやっと貯まってきた貯金や保険をくずす。
シングルマザーは夜の街に出て子供を育てる。「こんな姿子供に見せたくない」といって、子供を実家において。
フィリピーナはホスピタリティが高いと言われている。

しかしだ、フィリピーナにはフィリピーノが必要なのだろう。
そうダメ男をあやす母親みたいなものだ。
実際、フィリピーノがだめ男なのは親が甘やかしすぎた結果だと思う。

そう、世の中うまくできているのだ。
フィリピーナは大変そうだ。しかし、外人にはもてる。
フィリピーノは楽しそうだ。しかし、外人にはもてなかろう…


※モトボサツ先生ブログから拝借。フィリピンを知るには神ブログなのでチェック必須。
http://cebusurvive.doorblog.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA