サラエボ観光~歴史博物館 申し訳ないが、ちょっとしょぼいので他の博物館とセットで考えたほうがいいです

src_12319877

本日は歴史博物館に行ってきました。
通称スナイパー通りにあります。入場料は5マルクです。
本当はナショナルミュージアム(国立博物館)に行きたかったけど、
1月2日はお休みの模様。

なんで歴史博物館はやってるの…?
ついでに、ギャラリー11/07/95は元旦も空いてました。

これは見た感想とローカルの人に聞いた話からの推測だけど、
どこに予算をかけているかだと思う。

ローカル曰く。
行政がお金ないから、いろいろ不備があると行っていた。
ホームページもあんま更新されてないので、ネットの営業情報は結構アテになりません。
そのなかでも、ギャラリー11/07/95は圧倒的に金をかけているのだろう。
市街地にあるし、暖房も効いてて、設備の近代化度合いが桁違い。


脱線したけど、歴史博物館に戻ります。
歴史博物館と謳っているけど、内容は第2次世界対戦以降からオンリーです。

※それ以前の時代については別の博物館がある。小さいけど。

ボスニア紛争時の写真。
特にビフォア・アフター的な写真。
また、その時の情勢や国連の判断などがわかるパネルも展示されていた。
でも、このへんはギャラリー11/07/95のほうがクオリティ高い。

第2時世界大戦後~ボスニア紛争までの人々の生活ぶりや、使っていた道具などが
展示されており、その当時の人々の生活がイメージできるといった内容です。


感想は大きく3つ。

・めちゃくちゃ寒い
予算の問題もあってか暖房はかかってない。また建物も結構古い建物であり、ヘタすれば外より寒いんじゃないかってくらい寒い。普通の靴を履いてたんだけど、つま先が寒さで痛くなるくらい寒い。

・人々の生活ぶりがわかる展示は面白かった、けど…
っていうか一緒にいったローカルが

「これなつかしー、使ってたのよー」

って感じで盛り上がってた。
彼女がいろいろ話してくれたから、楽しかったけど。
アテンドなしだとつまんなそう…

・ボスニア紛争の説明に力いれてんなー
ギャラリー11/07/95を見た後だったので、またか…って感じではあったけど。
かなり細かい状況までまで展示されている。
また、写真はこちらのほうが見応えあるかも。

正直、ローカルが一緒だったので、あまり時間かけるのは遠慮した。
そして寒いし…

彼女から聞いた体験談は、また別の記事で書きたいと思う。

ぶっちゃけ、しょぼいので、国立博物館とセットで行くことをおすすめします。
ていうか、ギャラリー11/07/95を見たなら、いらないまである。

・国立博物館は横にあります。

サラエボ観光~国立博物館 特にオスマン帝国時代の生活様式が見れたのがよかった
以前紹介した、歴史博物館の隣にあります。 歴史博物館のほうが微妙なので、セットで行ったほうがいいと思う。 入場料は6マルク。(400円未満) ・外観正面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA