イスタンブール 旅行者を装った詐欺師にぼったくりバーに連れて行かれた話〜その4

イスタンブール ぼったくりクラブに連れて行かれる 〜 その3
前回のあらすじ、アヤソフィアにて旅行者(トルコ人とアラブ人の二人組)と仲良くなってしまった。残念ながら詐欺師とは気づいていない。 さて彼らと意気投合し、これからクラブに行

前回のあらすじ、お店に連れて行かれるも、店が怪しい。

続きを読む

イスタンブール ぼったくりクラブに連れて行かれる 〜 その3

イスタンブールのアヤソフィア‐ブルーモスク間の広場は詐欺師だらけみたい ~ その2
さて、前回の続きです。 トルコ2日目。3時ごろからアヤソフィアを見て大満足。 夕方から暗くなっていく頃合いにかけて、アヤソフィア‐ブルーモスク間の公園でのんびりしていると、

前回のあらすじ、アヤソフィアにて旅行者(トルコ人とアラブ人の二人組)と仲良くなってしまった。残念ながら詐欺師とは気づいていない。

さて彼らと意気投合し、これからクラブに行くんだけど一緒に行こうぜと誘われる。
少しだけ歩き、タクシーを捕まえ現地に向かう。
この時に話した内容を要約すると。
・クラブは町の北側にある。あまり大きくないところ
・旅行者向けの店は高いので、安いローカル向けの店をホテルで聞いてきた
・一人はトルコ人なので言葉も大丈夫
・もう一人のアラブ人は英語があまりうまくない
・こんな寒いとこに来たのは初めてなので、少し風邪気味
・昨日は窓を開けて寝たら寒かったらしいwww

続きを読む

イスタンブールのアヤソフィア‐ブルーモスク間の広場は詐欺師だらけみたい ~ その2

イスタンブールで、旅行者を装った詐欺師にぼったくられた話 ~ その1
さて、これまでトルコ旅行記を書いていたが、そろそろ最も書かなければならない出来事を書くことにしよう。それは…詐欺師に会って、ぼったくられたことだ。 その被害総額は20万円。

さて、前回の続きです。
トルコ2日目。3時ごろからアヤソフィアを見て大満足。
夕方から暗くなっていく頃合いにかけて、アヤソフィア‐ブルーモスク間の公園でのんびりしていると、トルコ系 or 中東系っぽい男性二人組から写真を撮ってほしいと声をかけられた。
*トルコ系、中東系の区別はつけれません

快諾して何枚か撮ってると、向こうもこっちの写真を撮ってくれるという。
どこから来たのとか、軽く身の上話をしていると意気投合。
調べると、イスタンブールでの詐欺の話はたくさんでてくるけど、全く同じ手口ばっかりで驚く。

続きを読む

イスタンブールで、旅行者を装った詐欺師にぼったくられた話 ~ その1

さて、これまでトルコ旅行記を書いていたが、そろそろ最も書かなければならない出来事を書くことにしよう。それは…詐欺師に会って、ぼったくられたことだ。

その被害総額は20万円。
まさか、自分がひっかかるとは…自称海外中級者。今回のような事件は海外に初めて行ったり、数回しか行ったことがない人より、バックパッカーの経験があり、英語もそこそこ自信がある海外中級者がひっかかってしまうケースだと思う。
なるべく細かく書いていくので(数回の記事に分けます)、多くの海外旅行者、滞在者の助けになればうれしい。

~洗礼者ヨハネ~
主の道を整え、その道をまっすぐにせよ。

続きを読む

ミラノ ドゥオモ広場にて~物売り黒人には気をつけろ。ミサンガのことだ!

ミラノドゥオモ広場

美しいドゥオモの前、溢れる活気、餌を食う鳩、そして商売をする黒人。
どこの人かはわからん。
ナイジェリアとかのアフリカかもしれんし、とりあえず黒人。

イタリアはラテン系民族の国家だというが、北側に位置するミラノではゲルマン系の人が多いせいか、より移民っぽい黒人が目立つ。
ミサンガ、自撮り棒(セルフィー)、USBケーブル、空に飛ばすプロペラみたいなおもちゃ、床に叩きつけてすぐ戻るスライムのおもちゃなどを売っている。

きっと生活がかかっているのだ、おそらく移民で仕事も見つからず、こんなものを売って生計をたてるしかないのだ。
だから、せっかくの美しい景観が台無しでも、ゆっくりドゥオモを眺めていると話しかけてきて、ゆっくりできなくても、許そう。仕方ないのだ。

しかし、詐欺商法で強引に販売してくるのは問題だ。

以下、実体験~
ドゥオモ広場にてスマホを確認していると、ミサンガ売りの黒人が話しかけてくる。
”チャオ”とひとこと言って無視するつもりが、

物売り黒人「ウェアーアーユーフロム」

物売り黒人「オー、アイノウトーキョー、オーサカー」

と、日本トークを繰り出してくる。
少し話していると、ミサンガを勝手に腕にかけて、

物売り黒人「アイギブユー、プレゼント」

と強引に腕に巻き付けてくる。
断っても、時既に遅し。
手早く、手首に結びつけ、余った部分を爪切りで切って完成。
早業…そして、

物売り黒人「チップ、チップ」

仕方ない、1、2ユーロやるかと、コインを出そうとすると、

物売り黒人「ノー、テンユーロ。アイハブチェンジ」

そこで気づいた、そうやられたのである。
ミサンガはしっかり固結びされており、とても取れない。
そしてやつはお釣りまで完備。謀られたか!!

「てめぇ、プレゼントって言っただろうが!!」

と言う前には考えていた。相手は屈強な黒人だ。
こっちは一人、向こうは周りいる他の物売り黒人も仲間につけれるだろう。
そして手早く、結び付けられた敗北感…

こうして10ユーロ(1300円くらい)の高級ミサンガをゲットした。
おのれ…せめて有意義に使えよあのやろう。確か水色のダウンジャケットきた黒人だ。

怒りのあまり、このあとすぐライターで焼き切ろうとしたが、無理でした。
熱いし。

あれから3週間立つ、今でもこいつは右腕に巻き付いてやがる。

もうだれもひっかからないことを願う。

誰も、この道を通ららないでくれ