海外生活

イタリア人 性格、女性、英語について思うとこ

IMG_1354

ありあまる歴史的遺産、芸術、景観。
観光地としては最高の国であろう。マフィアや南北格差、不況などの問題も抱えているだろうが、それでも世界のトップの国の一つであることがわかる。

せっかく1ヶ月位滞在したので、適当にテーマを出して書いてみたいと思う。


・イタリア人性格
所詮ステレオタイプの話なので、皆がそうではないのを前提として。

陽気で人懐っこい人が多い。
⇒その通りだと思った。

特に年配の人などは、その傾向がさらに強く出る。
道を歩いていると話しかけられる。
自分の経験だと、家族でブローチを作る工房を持っており、それを日本で販売したことがあるという人に話しかけられ、結構話が盛り上がった。
簡単に街を案内してくれたし、店に連れて行ってっくれて、実際に作っているところも見せてくれた。
購入を勧められたが、まぁ女性用だしねぇ…
結構なディスカウントもしてくれたので、短期の旅行だったら買ってたなぁ。

若い人だとさすがにこうはいかないけど、一度知り合うと結構親切にしてくれる。
というか構ってくれる。


イタリア人女性
いわずもがな美人。そしてオシャレ。

これは女性に限った話ではないけど、
北のほうが金髪碧眼の割合が増え、ゲルマン系っぽい人が多い。
南はブルネットのラテン系っぽい人が多い。

どっちも美人だけど、好みはわかれるだろうな!(北派)
[nlink url=”http://samaime.net/italian-girl-cara-story/”]

性格はまぁ、知り合った女性は間違いなく親切。
でも、質問したら、

「聞いておくね。」

って言って回答はないから、返事だけはいいみたいなとこはありそう。
ラテン系っぽい…


・イタリア人英語
これは、日本人ではなくて、他の英語非ネイティブの国と比較してだけど、
できないほうかと思う。
他の国もそうだけど、若い人ほどできて、年配の方はできない。
年配の方はよく話しかけてきてくれて嬉しいのだけど、これがな…

要因としては、イタリア語であらゆる情報が十分で各自がクローズしているのだと思う。

そもそもイタリア語ですべての情報が手に入るのだから、英語を使い必要がない。
ネット、雑誌などのメディアから娯楽までイタリア語で十分なのだろう。
これが、小さい国だとこうはいかないから、みんな英語に触れる機会が多くなるというわけだ。
ある意味で鎖国的な。

まぁ、日本はもっとひどいわけですが…


さて、どうでしょう。イタリア人。
もちろん悪い人達ではなく、いい人達だと思いますが、ラテン系のアクはあると思います。
書いていると、他のネタも出できたので、またイタリア人ネタ書く。

シンガポールでも残業してるよ、日本人

残業時間…さすがにゼロではないけど、日本よりは間違いなく少ない。

そもそも2500SGD以上は残業代が出ないのが普通のシンガポール。
※シンガポールの労働条件は下記リンク見てください。かなり詳しく書いてあります。
http://uniunichan.hatenablog.com/entry/20140723EA

当然、みんな残業はしたがらない。

知り合いの外資系保険会社だと、定時前になると、ローカルの社員は入口に列を作る勢いで帰っていくと言っていました。正直、好きンゴ…

私が勤めていた会社(日系)では、営業メンバーはそこそこ(1時間くらい)の残業はしてました。このへん、日系の会社だなぁと思う…

周りに聞いても日系の会社はそこそこは残業しているようだ。特に日経会社の日本人はその傾向はさらに強い。終電近くとか聞くこともある。なんだか…

別の知り合い(営業管理職)は、日中は営業は外に出てるから、定時頃戻ってきて、それから各メンバーがそれぞれ報告、打ち合わせするから結構な残業になるとも言っていた。
これは、正直引く…

別の知り合いの会社の管理職の話だと、日本とは2時間時差があるからAM8:30が定時ならAM6:30には出社してなきゃだめだろとのこと。(インドネシアの話)
これはドン引き…

結局、日本人はどこにても、残業している。日本国内より遥かにマシだけど。
働いている身としても難しいのだ。
当然、残業はしたくない。
しかし、これが駐在でも現地採用でも日本人として期待されて雇われている部分があるから、日本の社会文化を尊重はしなければならないわけで…
無碍にローカライズされた態度をとるのもできず、そこそこ残業してしまう。

※例外
残業代については例外として、私の職場だと、業務の都合上どうしても残業が多くなってしまった月などは払われていました。
また、友人だと、定期的に残業する程の業務量があるので、基本給4000SGDくらいだったけど、残業代ついていました。

 

シンガポールのタクシーはちゃんとしてるけど、乗車拒否とかあかんとこもあるから。日本とは違うんよ。

さしてとりあげて書くネタではないけど、ふと思い出したので。

値段は日本よりもかなり安い、大体だけど半分から3分の1くらい。
他の東南アジア諸国と比較すると、それなりに高いけど。
空港からブギスまでで30SGDくらいか…(30分くらい)

当然のようにメーターと使ってくれ、他の東南アジア諸国のように交渉の必要などはない。
深夜帯や通勤時間帯は加算料金がある。
特に通勤時間帯は場所によっては全くつかまらないことがある。
また、突然のスコールが来た際にも全くつかまらない。
道は、まぁみんなそこそこ詳しい。
回り道して、メーター料金稼ぎは、怪しい感じにあったことはあるが基本はない。

正直、フィリピンと比較すると良好すぎて何の問題もないと思っていた自分ではあるが、それでも日本人からするとありえないと言われていた。

その原因が乗車拒否。
時間帯・場所などにより拒否されることはよくある。
稼ぎどきの時間に市街地から離れたエリアには行きたくないなど…

対策としては、タクシー乗り場や駅など、次の客がすぐ見つかりそうなとこをチョイスすることだろうか。
日本人としてはサービスは受けるものという心理だが、いかに向こうからサービスを引き出す立ち回りをするかも海外では重要なポイント。
フランスとかでも、サービスを受ける重要性は如何に仲良しの店員をつくつことにあるだとか…
効率を優先する日本人の良さ、社交性の排除されたデメリット。
よく考えると、難しいテーマだと思う。

偏食のフィリピン女が個人的に許容できなかった。食文化が違うと相手を許せなくなることに気づいたあの日。

フィリピンではなくシンガポールで出会ったフィリピーナの話。

その子と会う約束を取り付け、店は日本式洋食屋くらいが無難かなとチョイス。
日本食食べたくて、日本人意外にも食べやすいだろうという配慮。

そして注文。
野菜は食べれないという話。どれがいいか聞いてくるのでオムライスにビーフシチューがかかったやつをチョイス。
料理が届いて、まず「肉がない。」
卵を開いて「ご飯食べたくない。」
そして、卵だけをめくりながら食べていく。たぶんケチャップライスNG。
普段、人の食べるものなんてどうでもいいと思うんだけど、この時は違和感がすごかった。
俺の頼んだハンバーグを分けながら思った。
ついでに、頼んだサラダを勧めたら断固拒否。

彼女は肉と卵しか食えないのか…まぁ白飯は食えるだろう。
でも、こうやってフィリピンによくいるふっくらした方ができあがるのだなと実感。
※フィリピンではふくよかが悪いとは限らない。結構そのほうがモテるようだし。

食べれるものしか食べず、それ以外はまったく挑戦しない。
その保守的さもフィリピーナ。

彼女は母国ではナースとして働いていたとのこと。
その経験から、自分の食生活に疑問を抱かないのだろうか…ないな。

些細なことだけど、目の前で出会うと恐ろしいカルチャーショックを受けるのが食事文化。
現に、自分は彼女と2度と合わないと、その日思った。

もちろん自分に対してもそれは言える。
偏食、食事残し、非挑戦的。普通の人は何も言わないだろうけど、気分を害したり、印象悪くすることもあろう。

・好き嫌いしない
・食事を残さない
・食わず嫌いしない

シンガポール~ゴールデンマイルコンプレックス。キャバクラよりリーズナブル、けど俗っぽい。個人的シンガポールベストプレイスの話。

ゲイラン、オーチャードタワーとかは有名なので、あんまり有名ではないとこを。
そして、この手の情報は鮮度が命。
1年あれば全然状況は変わる。

・場所、建物
ゴールデンマイルコンプレックス自体はネットで探せばすぐ場所はわかる。
マレーシアへのバス発着場として有名だからだ。ラベンダーMRTのあたりのビーチロードです。

建物は2つある。
1.ゴールデンマイルコンプレックス
バスのチケットが買える。
地下1階、1階、2階各フロアにタイディスコが1軒ずつある。
ホーカーやマッサージ屋もあり。ここはタイ風とかタイ人向けが多い。
2.ゴールデンマイルタワー
バスの発着場。
1.でチケット買って、ここでバスに乗るよ。
中華系っぽいKTVが複数ある。入ったことはないので、実はよく知らん。
3.ゴールデンマイルホーカー
ホーカー。タイ向け多し。
ローカルのマスターは店ではなく、ここで飲んで女の子と仲良くなるとか。
やったことないから、できるかわからん。

・ゴールデンマイルコンプレックス
女の子は基本タイ人が多い。
ぼちぼち台湾人もいたり。一時期はウクライナ人、ロシア人がいた。
タワービールはS$70くらい。店により多少差はあり。
タワービール頼んでおけば、とりあえず女の子は来る。
ガールドリンクはないけど、テキーラショットをせがんでくることもある。
(経験上断っても、特に問題ないかな)
ステージに女の子が立って、花のプーケをお金でつけてあげる方式。
下はS$30で、ほかに比べて安いと思う。
ついてた子がステージに立ったとき、プーケを出さなければ帰ってきません。
2階の店が一番大きく、人も多い。
1階がその次。※自分は1階が好き。
地下は閑散としてるイメージで、入って飲んだことない…
基本連れ出しはできない。番号とかは簡単に聞ける。
1ヶ月しかいないからか、観光行こうって誘うと店外デートはそれほど難しくない。
タイ人は1ヶ月の出稼ぎ組。なぜかウクライナ人は半年入れるって言ってた。
時間帯としては11時くらいからが人が多くなる。
9時くらいに行くと人がスカスカだけど。
9-10時くらいにいくのがオススメ。
遅い時間だと女の子はもう席についてしまっているため。
基本はクラブなので、かなりうるさい。ゆっくるチルする店ではないです。

・まとめ
シンガポールではかなり安い部類。タワービールだけでも問題なし。
エロはありません。
タイの女の子と話して、あわよくば仲良くなる。そんなお店です。

外で会って、観光して、付き合って、タイとの遠恋しているやつもいる。
つまり、ワンチャンはある。

運転下手らしいよ、シンガポリアン

交通事故が多いと。
よく運転している人は頻繁に見ると言う。
自分は一度も遭遇したことはないのだが。

この頻度っていうのは体感は全然あてにならないからなんともいえないと思う。
※例:
名古屋の運転マナーが悪い。
どこどこの路線はよく電車が止まる
隣の庭のほうが青い。

なぜ事故が多いのだろう。
運転マナーに関しては日本基準に考えるとほとんどの国が悪くなってしまう。※体感
ていうか、その運転でよく事故らんなと関心する。

しかし…シンガポールの運転マナーはそんな悪くないと思う。
車もぼこぼこじゃないし。

そこでこんな意見があった。
やつらは運動神経が悪い!!
なぜなら若い時にスポーツをやってないやつが多いから。

その人曰く
シンガポールの学校ではスポーツができてもモテない、勉強できたほうがモテる。
みんなスポーツしない⇒運動神経悪いの図式になると。

体育の教育にどこまで力入れているかは知らんが、確かにシンガポールにはプロリーグとかのプロスポーツがあるって話を聞いたことがない。
憧れるものがなければやらないの頷ける。そして、モテない。

ちょっとばかし強引な説だとも思うが面白いです。

ついでにモテるって英語で
Popular among…by google先生

スポーツうまいとモテる?
Is person who do sports well popular among the girls?

なんか固い…

シンガポールで部屋を借りる。初日~

来星!!(シンガポールにいくこと)

長期で住むわけだし、ちゃんといい家を探したい。
職場までのアクセスも重要。
もしビザが下りなかったら帰国確定!!
というわけで、家探しは現地でしたかった。

シンガポールのホテルは高い。日本のそこそこ都会とそう変わらない。
安い部屋でも5000JPYは間違いなく超える。
まぁ、相当郊外とかゲイランは安いようだが。

ホステルならもちろん安いが、住むことを前提にいくため荷物が多い。
金額を考慮すれば、ビジネスホテルよりいいが、できれば一人部屋を確保したかった。
ホステルの話はまた、別にしよう。

そこで…日本で部屋の情報を集めていた時に気づいたのだが、短期で部屋を貸し出している案件もある。しかも、1日単位で。
もちろん1日単位なので割増はされている。
30日分考えると結構な額になるがそれでも安い。
自分の場合はS$20~S$30/1日を見つけて、アポイントを取っておいた。

後々になって思うが、この部屋が最安であった…続くかも。

フィリピンタクシー おつり編

フィリピンではおつりには注意しなければならない。
なぜならば、用意されてないからだ。
不用意に500ペソ、1000ペソと出すと
「ノーチェンジ」(おつりないよ)
とか言われる。

もちろん、大きい店。スタバとかジョリビーとかモールとかなら大丈夫なので、そういったタイミングで大きい札は崩しておくことが重要だ。
100ペソをたくさんキープしておくこと。

僕の体験ではこんなことがあった。
その日は500ペソしか持ってなかった。近くに崩せるところもないので、そのままタクシーに乗り込んだ。100ペソ程度の距離なので、お釣りは400ペソ。
持っていない。または、持っていないと言い張られる可能性は十分にある。

というわけで乗ってすぐに、
自分「お釣りで400ペソ持ってる?」
と先手をうって聞いてみたところ。

ドライバー「300ペソしかないよー」
自分「わかった、止めろ」
ドライバー「Just kidding」

少しは悪びれろ!!奴らは悪びれない。ボレるタイミングではかならずやってくる。

フィリピンタクシー事情

今更フィリピンタクシー情報など、ネット上に氾濫していると思ったが…
しかし、東南アジア情勢は日々移り変わる。
例えば、フィリピンへの英語留学も3~4年前は今ほど日本人学校は多くなかった。
その当時は日本人は皆、韓国人経営の語学学校に通ったのだ。
しかし、今ではたくさんの日本人学校があり、こんな斡旋サイトもある。

School with
http://schoolwith.me/

というわけで、2014年最新の情報として役立ってほしいと思う。

結論をサクッとまとめて箇条書き  ※マニラとその近郊の話
・安い
・ボッタクリタクシーが多い
・まれにいい運転手や面白い運転手がいてうける
・レーサーばりに飛ばすやつらがいる
・そして、俺の運転うまいだろとか自慢気
・女がいると冷やかしてくる。うぜぇ。
・マラテ周辺になるとさらにそのへんは加速
・奴ら道は詳しい。遠回りやわからないは騙しにきてるぞ
・英語が通じないドライバーにあったことはない
・空港タクシーは基本高い上、さらにボッタクるやつらがいる
・指摘しても悪びれない。開き直る。
・慣れるまではやっぱり大変。交渉は必要。
・その分、交渉次第でいろいろ可能。
・特に女性はトラブルにあったエピソードをたくさん聞く
・渋滞がすごいので、時間を意識するのは大事

気が向いたら体験談も書いていくよ。

シンガポール 部屋を安く探す方法。結論。(短期滞在も)

というタイトルではあるが、自分が試した方法を書いているだけ。

1.HP:お役立ち賃貸シェアサーチ
http://www.singaweb.net/bbs/homesearch/homelist.php
2.HP:PropertyGuru
http://www.propertyguru.com.sg/
3.エージェントを利用する

まず、このページが賃貸探しについてうまくまとまっているので読んでみてほしい。
http://sds-singapore.com/singapore_life/residence.php

結論からいうと、1のページを使って短期でもOKの物件を探すのが一番いいと思う。
そこそこのホステルより安く個室を確保できる。
シンガポールでは契約期間を半年~1年とするのが一般的。その中で短期でいいと言ってくれるオーナーは融通も効かせてくれる。
運良くデポジットもなしで短期貸ししてくれる物件が見つかれば、ベスト。

次回…体験記