フィリピン留学体験談【社会人にこそおすすめしたい英語留学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィリピン留学とは…最近では、フィリピンで英語を学ぶことです。最近では日本でも広まってきたと思いますが、実情はまだまだ知られてしないと思います。

本記事では、私の体験談を通して、フィリピン留学について紹介、おすすめしていきたいと思います。

タイトルと、その下のまとめリストだけ読んでいっても、内容を理解できるように書いています。

私について【留学の経緯とその後】

まず私について、簡単に自己紹介させていただきます。

  • フィリピン留学、4ヶ月
  • 留学後、シンガポール就職
  • その後、ドイツ、タイでも仕事
  • 今は結婚して、ウィーン在住。

私はフィリピンに2013年に英語留学しました。海外に出ることを目指していたのですが、全く英語は喋れず、海外に出るための最初のステップとして、4ヶ月間フィリピン留学しました。結果として、留学後はシンガポールで就職。その後も、ドイツとタイで仕事をしました。今は結婚して、ウィーン(オーストリア)に住んでいます。

※ オーストリアと言うと、カンガルーで有名な国(オーストラリア)とよく間違えられるので、ウィーンと言っています。

フィリピン留学のメリット、デメリット

当たり前ですが、英語を学ぶにはいろいろな方法があります。

  • 独学で勉強する
  • 日本で英語教室に行く
  • オンライン英会話レッスンを受ける
  • 欧米(アメリカ、イギリス等)に語学留学する

これらと比較して、どういったメリットとデメリットがあるか解説していきたいと思います。

メリット

  • フィリピン人教師からレッスンが受けられる
  • マンツーマンレッスンが受けれる
  • 集中して学習できる環境
  • 費用が安い(欧米への留学と比較して)

一文でメリットをまとめると、

「フィリピン人教師によるマンツーマンレッスンを受けることができ、英語学習に集中できる環境に身をおくことで、短い期間、安い費用で英語を身につけることができます。」

デメリット

  • まとまった期間が必要(最低でも1ヶ月)
  • 慣れない環境での生活(治安、衛生面、食事)
  • ネイティブのような言い回しを身につけるのは難しい

最大のデメリットはまとまった期間が必要なことだと思います。フィリピン留学の成果を実感するには少なくとも1ヶ月、私のおすすめとしては4ヶ月の期間が必要です。仕事をしていれば、退職することは避けれないと思います。

フィリピン留学をおすすめしたい人

  • 海外就職したい人
  • 昇進、転職に英語が必要な人
  • これから世界一周旅行、バックパッカーなどをする人
  • 上記に当てはまり、英語に自信がない人

私の目的は海外就職でしたが、やはり目的があったので真剣に勉強できました。4ヶ月といっても、短期間なので、目的意識がなければ成果も上がりづらいと思います

これから英語を使って何かをしたいといった目的をもった人に、フィリピン留学は向いていると思います。

フィリピン留学にかかる費用

私の場合、なるべく安く学校を探したところ、月の学費は10万円以下でした。(当時は95000円くらい。)

この学費には以下のものが含まれています。

  • 1日6時間のマンツーマンレッスン(月~金曜)
  • 1日3食の食事
  • 部屋(6人部屋)
  • 掃除、洗濯(洗濯は毎日)
  • インターネット料金

逆に含まれていないのは、以下になります。

  • 航空券
  • 入学金(10000円くらい)
  • 教科書代(1冊500~1000円くらい)
  • エアコン使用代(使った場合、月4000円くらい)
  • 滞在ビザの費用(15000円くらい)
  • 交際費(外に飲食にでかけた費用など)

詳細は各学校のホームページをみてもらったほうがいいと思います。私はスクールウィズで学校探しをしました。

School With(スクールウィズ)

フィリピン留学の期間、効果

  • 1ヶ月から効果を感じる
  • 3ヶ月で効果が最大。会話に困らなくなる
  • 4ヶ月では、3ヶ月からの成長を感じれない

私は4ヶ月留学したのですが、1ヶ月から効果を実感し始め、3ヶ月で効果が最大になったと感じました。3ヶ月経過時点、あまり困ることもなく英語で日常会話ができるようになっていました。

また、4ヶ月では、3ヶ月からの成長を感じることができず、行き詰まりを感じました。

フィリピン留学の効果とその期間については、こちらの記事にまとめています。

フィリピン留学の後

  • 3ヶ月目から就職活動も併行して行う。
  • 留学後、シンガポールに面接を受けに行く
  • 内定をもらい、一時帰国後、シンガポールで働く

留学3ヶ月が経過したところから就職活動をはじめました。その後、5ヶ月目には学校を卒業、シンガポールに面接に行き、内定をもらうことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください