ヴァイパー対策

・基本
バックJ大Pがすごく機能する。
遠距離セイスモにタンパ、EXダッパ。
対空はジャンプ大P迎撃、ヘッド、下大P。
大サンダーガードに下中P大ヘッド。
起き上がりはクイックを取らずに→大ヘッド抜け等。
サンダーを食らった後はまずガードで様子見。

続きを読む

フォルテ対策

・基本
ダッシュ技はガード以上させる場面で使う(遠距離甘えダッシュは控える)
セビを割りのスマッシュも使ってく。(特にEXスマは強い)
起攻めは詐欺飛びからコパ固め。グラ潰しよりは投げとコパで。
被起き攻めはプロペラ外しのバクステが基本
スラは溜め解除されてなければEXスマッシュ。ウルコンも有り。

本田対策

・基本
お互いに崩すのが困難なため体力リードが超重要
ダメージ源は小ダッスト削り、対空処理、頭突きにEXヘッド(→ウルコン)
ゲージ1本は常に確保しておきたい

続きを読む

バルログ対策

・結論
まじめに立ち回っても不利。下記ポイントを考慮して荒らしていく。

立ち回りは、爪(先出し、差し返し、確反)、ゼビ2、ソバットのプレッシャー、歩き移動投げで押される。

ポイントは、
・前進を小ダッス、EXダッスで押し返す
・ダッシュ技はガード以上させる(すかして中爪EXヒョー、ゼビ2ウルコンに注意)
・ダッシュ系をガードしたら確反or移動投げで吸いにくるんでまずはバクステ
・ダウン奪ったら詐欺飛びから爪、面の耐久をさっさと削る方が良さげ
・セットプレイのソバットは持続重ねで有利取られてるんで注意
・相手の起き攻めはEXダッスで拒否するか、初手は我慢するか、ヘッドぱなす
・暴れに中足埋め、かつバクステに中爪からEXヒョー、マグロに移動投げがくるため読み合う
・ヒョーハメは大ヘッド抜けがたぶん安定

ケン対策

基本
リュウ戦と同様にできるが、ケン独自のポイントは

・前中Kの間合いに注意する。
・移動投げに注意する。
・コンボから波動するやつには割り込み。
・ゲージ2本時のグラ潰し昇竜は強気
・各種ラッシュでひよらないように

続きを読む

バイソン対策

・対空
屈大P・小・大・EXヘッド
→まず落とせる。反応が遅れると潰される、詐欺られる。
EXダッスト・ダッパ
正面からの飛びのみなので、裏に回らないようにする。
真上ではない飛びに対して。また少しひきつける。

・被起き攻め
対詐欺飛び
→甘い詐欺飛びにEXダッシュ系

ダルシム対策

とにかく中距離(開幕くらい)
ダッスト・J大P先端で強引にいける。

J大P先端で膝潰し。
→スラ・2中Pとかがくる→J大Kとの読み合い発生。

近距離
ダル側は立ちグラ大目。こっちも立ちグラメインで。※しっかり壁に投げること。

ザンギ対策

・基本
一歩踏み込んだら大足が届く間合いでガン待ちが基本。(以下基本距離)
対空はヘッド・下大P・踏み込み中P
近づいてきたら弱P・大足・大K。
ターンパは使用禁止、ダッストはめり込まない間合い

ザンギの前歩きにびびって下溜め解除する場面を減らす。
下溜あるバイソンにやれる事は歩きスクリューか垂直Jやぶっぱバニやダブラリしかない。
理解して徹底すればマスターザンギでも1溜めバイソンは崩せない

転ばされてからEXスマッシュで逃げられないの知ってる相手には無駄なので読み合いで頑張る。
EX逃げにEXバニで追いかけてきたらその相手はわかっているということです。
転ばされなきゃなんとかなるというか有利、転んで逃げれないと終了

続きを読む

これ取り入れよう

ウメゲーム sako vs ときど を見て。

キャミィの近大P対空がすごかった。垂直ジャンプを落とす、めくりに対して歩いて裏から落とす。
他にもすごいとこは山ほどあったけど、自分にはこれがひときわ輝いて見えた。

ってわけでこれを取り入れよう。
バイソンなら、んー近or遠中Pか近大Pかしゃがみ大Pあたりか。
近大Pはダメや発生的には優秀だけど、遠大Pに化けたらひどいことに・・・
とっさに出せそうなのは中Pだろうか。ぼちぼち試してみる。

キャミィの近大P調べたら発生4フレか・・・んー真似できんかもしれん。

新キャラ発掘

新キャラ発掘に向け練習中。

~いろりろあり、候補は3人

ジュリ
フェイロン
アドン

とりあえず、3人ぼちぼち触っていこう。目標はアケ版でるまでにメインキャラのバイソン越え。