治安

ブルガリア~ソフィア観光、治安、町並み、女性について

ぶっちゃけ、そんな観光してない…
ので、適当に写真で町並みとか治安とかについて写真と一緒に紹介していきます。

・地図
IMG_1564

ホステル モステルでもらった地図。パーフェクトすぎる。
これで市内はほぼ完璧に網羅できる。

・市場
IMG_1553

街の北西部にあります。
衣料品、食材、果物となんでも売ってし、安い。
個人的にヨーロッパの八百屋とか肉屋とか魚屋とかわかれているのが好き。
あと、ピスタチオとかの穀物?類も量り売りで買えるのがいい。
住んで、自炊して生活するだけで楽しそうだ。

・教会
IMG_1561

オーソドックススタイル教会。
ソフィアには3つの有名な教会がある。
2つはブルガリア正教の教会。そしてデカイ。これもその1つ。
これは街の中心部にある。
もう1つは東部に。
1つはロシア正教の教会。小さい。
これも街の東側。
違いはわかんないけど、キリル文字が読めたら聖人を当てたりして、
もっと楽しめると思うんだけど。

・モスク
IMG_1560
他バルカン諸国と同様にオスマン帝国下であったためか、モスクはある。
ヒジャブ被ってたり、ムスリムっぽい人は全然見なかったけど。
モスクの特徴は細長い塔と丸い屋根。
キリスト教の教会と全然違うからと力説を受けたことがあるが、
どうしても似てると思っちゃう。
日本の神社や寺と比較すると、そりゃー似てる。

・バスターミナル
IMG_1558

でかい!中はWifiもフリーだし、トイレも有料。
アルバニア、マケドニアと来ているから、建物のレベルが上がっていくのがよくわかる。
市街地の北部にあるから、ホステルによっては少し歩く。

バスターミナルについては、下記記事でもう少し書いてます。
[nlink url=”http://samaime.net/how-to-move-sofia-nis-bus/”]

・トヨタ
IMG_1556

街の南部で発見。ロゴでかいなぁ。
バルカン半島ではあまり日本企業を見ないけど、トヨタと富士カメラはたまに見る。

・日本食
行かなかったけど、寿司屋が2軒ある。
たぶん寿司専門ではないかと。
1つは街の東部、ロシア正教会の近く。
1つは街の外れ、南西の方。

・治安について
セルビアやマケドニア、アルバニアと違って、政治的な問題をあまり抱えてないこの国はEU加盟も早かった。
※セルビア、マケドニア、アルバニアはまだ。
町中でムスリムも見ないし、歴史的に治安が悪かった時代が
あるという話も聞かなかった。
※例えば、マケドニアはマケドニアに住むアルバニア人と衝突があったときは、旧市街地は夜に行くとができなかったらしい。治安が悪くて。
もちろん、最低限の警戒は必要だが、基本は平和そうな印象だった。

・女性
あまり人と話せなかったので、性格はぜんぜんわからない。
マケドニア人に聞いた意見だと、ズルする人がいるから、
おつりとかタクシーには気をつけろとアドバイスされたけど。
でも、そんな目には合わず、みんな親切だっだ。

女性に関しては…美人が多い。
アルバニア、マケドニアでもそう感じたけど、さらに多い気がした。
Tinder使っていても、美人が多すぎてスーパーライクが全然足りない。

アルバニア 英語、女性、性格、治安について思うこと

IMG_1473

写真は、独立記念日にやっていたイベントのものです。
アルバニアの伝統的舞踊かなぁ。知らんけど。

アルバニア人について振り返って見ようと思う。


・英語
正直できない人が多い。
同じホステルに泊まってた(住み着いてた)アルバニア人女性。
何日も一緒だったので、結構会話したのだが、全然通じない。
かなり簡単な英語で話しているつもりなのに。

さすがにホステルの従業員はできたが、(なぜかポーランド人がいた)
各店で全然通じなくて困った。
年配の人は全然できなくて、若い人は比較的できるのは、他のヨーロッパと同じだが、

そのホステルの女性は33歳くらいといっていた。
この年齢でできないってのは、最近まで鎖国していたってのを感じる。
彼女が学生の時20年くらい前は、まだ鎖国状態だったのだろう。
特に教育は遅れてくるだろうし。


・女性
間違いなく美人が多い。街を歩いているだけで楽しい。
案外、金髪碧眼の人もいるし。
マケドニアではアルバニアは違う!と主張していたけど、今ひとつ何が違うか理解できないんだよなぁ。
どっちも女性が美人だし。


・性格
おつりをごまかしたり、性悪な噂を聞くが、そんな目には合わなかった。
普通だったかなぁ。
他のヨーロッパと比較すると、そんな積極的に外国人に関わろうとする感じではなかった。


・治安
正直、全然悪くない。ってかいい。
ただ、首都なのに街灯の数が少ないので、ホント暗くて、怖い。
でも人も全然いないし、バーだけ空いてて、そこまでうるさくもなく飲んでる。

真夜中(1時過ぎ)のアルバニアで女性にバーに呼び出された話。
[nlink url=”http://samaime.net/albania-ina-girls/”]

悪い印象はないし、いい印象しかないんだけど。
他バルカン諸国の人には評判悪いんだよなぁ。
そこまでムスリムムスリムってのなかったし。

アルバニアで出会った女 イナ(仮)の話~夜中に出歩く数学者

albanian-glasses-hot-girl-lips-Favim.com-2205741
※「アルバニア 女性 メガネ」の検索画像です。

メガネかけてたので…もっと垢抜けてない感じだけど(失礼)

Tinderで知り合ったのだが、ファーストインプレッションから変だった。
Tinderでチャットしていたら、もうAM1時近く。

「眠れないから、カフェに行くけど、来る?」

まじか…時間的にどうよ。
この深夜に外に出て、治安は大丈夫なの?
この深夜に男を呼ぶって、(しかもあったこともない東洋人)大丈夫なの?

て聞くと、

「慎重ね~、13:30にこのバーね。」

とのこと。おいおい…

こっちも怖いし。
遠くから警戒しつつ、時間に行くと、ちゃんと現れた。

んーぜんぜん遊び人って感じでもないけど…

しかも、こんな深夜に。
明日の仕事は大丈夫なの?と聞くと。

「家庭教師だから、仕事は午後からなの。」
「たまに夜中、外に出たくなるのよ。」

なぜ…疑問はたくさんあるので、彼女のバックグランドを聞いていくと、

  • 高校からは、イギリスにいた。
  • 大学はアメリカの大学。
  • 専門は数学
  • マスターを卒業後、仕事をしていたが…
  • ビザを取得できず、今年のはじめにアルバニアに戻ってきた。
  • アルバニアでは家庭教師で、ティラナで1人暮らし
  • 両親は別の街に住んでいる。

道理で…英語がパーフェクトでイディオムもガンガン使うわけだ。

おそらく、アルバニアではかなりのエリートに分類されるのでは…
午後からの家庭教師のみで首都に一人暮らししているわけだし。

しかしながら、おそらく持て余しているんだろうなと思う。
アメリカでマスターまで修め、いろんな経験、出会いがあっただろう。
それが、突然アルバニア暮らし。
持て余すにきまっている。

恋人でもいれば違うだろうが、
この国で彼女に釣り合いが取れる男を探すというのも大変だろう。

他のヨーロッパで仕事を探すこともできないのかと思うが…
数学が専攻といのもなぁ。

日本では知り合いが数学専攻だった。
卒業後を教師くらいしか仕事がなく、
しかも競争率は高すぎて、とてもなれないとのことだった。
彼はプログラマーとして仕事をしていたが、数学を仕事に活かすのは難しいと…

普通のアルバニア人とは全然違う人だろうが、聡明で話していておもしろかった。
しかし、今後彼女はどうするんだろうなぁ。

アルバニア~ティラーナ1日目 マフィアと治安について

バーリからフェリーにてドゥラスに移動。
ドゥラスから首都ティラーナに移動していました。

しばらくはここに滞在したいと思います。
アルバニアは治安が悪いと…イタリア人にもなんでそんなとこ行くの?危ないよ?
って言われた。

その背景はアルバニア・マフィアにあるんだと思う。

ネットで軽く調べても、どしどし情報出てくる。
そのイタリア人にも、なんで?って聞いたら。

「詳しくないけど、アルバニア人の暴力的な人いっぱいいるよ。」

とのこと。
アルバニア・マフィア…ネット情報によればイタリア中部・北部でかなり活動しているとのこと。
※南部はイタリア・マフィアとかち合うため、避けている。
また、非常に暴力的であるため、他マフィアからも恐れられている…

そりゃーイタリア人にも言われるわー。

そして、現状ですが…
ティラーナに関していえば、治安はナポリより全然ましだと思う。
※また、別途書きたいが、自分の中で最悪はフィリピン~マニラ。

日本だって世界的に最安全都市と言われているけど、日本の山口組は世界最大の犯罪組織と言われている。(構成員、資金とかで最大だったかと。)

必ずしも、非合法組織と治安が繋がるものでもないのだと思う。

どちらかといえば、貧困の具合のほうが治安への影響は多いと個人的には思う。