【ドイツ在住記】アパートメントについて

衣食住は生活に必須。
どうしたって生活に関わってくるから詳しくならざるをえない。

要は、必要に迫られていろいろ調べたわけです。

要点
・家賃は適正か。
・家具付きアパートは高いのか。
・電気代とか、諸費用は。
・敷金、礼金みたいな費用はあるの。
・その他

・家賃は適正か
かなり高いっぽい。
850ユーロ/月。
2部屋+バルコニー+広めのバスルーム+家具付き(食器等もある)
+電気代等の諸費用はすべて込み。
住んでるのは、ベルリンやフランクフルトのような都会ではない。
立地的には市街地から少し外れている。

それでも、大半のドイツ人に聞くと、それは高いとのこと。
オーナーによると、エージェントに払う費用が150ユーロ/月。
なので、実際は700ユーロ/月らしい。

・家具付きアパートは高いのか
なぜ、エージェントがつくのか。
どうやら家具付きアパートは短期で住む人用で、あまり一般的ではないらしい。
そのため、結構高くついているっぽい。
でも家具買うのめんどくさい…
一つもらったアドバイスは前に住んでいた人が家具を全て売ってくれる
ケースもあるそうです。

・電気代とか諸費用は
あるドイツ人は、普通全込だから別に気にしなくていいと。
別のドイツ人に聞いたら、今のアパートは何も含まれていないとのこと…
なにが一般的かわかんねぇ。

・敷金、礼金みたいな費用はあるの。
実はこれもよくわかんないので、調べる必要あり。

・その他
退去の際は3か月前告知が原則で、結構重複して次のアパートの家賃を
払うことはよくあるらしい。
11月までしか住めないのだが…果たしてこの調子でなんとかなるのだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA